« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

72時間ぶりの外界

070716_09450001_23日間ヒッキーだった私は、72時間ぶりに家の敷地外に出ました。太陽が眩しいねぇ。
あ、写真は今日撮ったものではありません。
 
今更ですが、夏休みの計画を大ざっぱに立てました。
 
7月のんびり
8月遊ぶ
9月卒論
 
本当に大ざっぱだな。
まぁこれはメインだけなのであって、他を一切やらないって訳じゃないから。計画には余裕を持たせることが大切なのです。
 
のんびり・ぐうたらな7月も今日で最後。
卒論の個別指導を受けたり、文献を読んだり、料理をしたり、ピアノを弾いたりしたけど、一生分のぐうたらを使い果たした気もします(´ー`)ゞ
 
それにしても今年の梅雨は長くて、さらに冷夏になるのは本当なんだなぁ。晴れててセミも鳴いてるのに涼しいよ。
夏好きの私としては、うだるような暑さがお好みなのですが。
 
あっ、トロンボーンの音がする。ダレダレ?
隣か向かいの家で、窓を開けながら吹いてるっぽい。超近い。
4月から始めたのかな。周りの子どもはそろそろクラブとか部活に入る年齢になってきたからねぇ。
 
全然関係ないけど、トクホンヘクトメタシンのCMが大好きです。全身が銀色の筋肉になってる男の人が、会社で仕事してるCMです。
あの男の人のノリが好きです。女の人が顔を歪めて「気持ち悪い」って言ってるのも好きです。
あの男の人が会社にいたら楽しそうだな。
もちろん見た目じゃなくてキャラクターの話です。
 
脈絡のない日記だなぁ。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

テンプレート変更

テンプレートを花火に変更しました。

そろそろ夏本番だからっていうのもあるけど、前のテンプレートがつまんなかったのが正直なところ。

でもこの花火もあんまり好きじゃない。花火の色が気に入らない。

またすぐに変えちゃうかもね。

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

いつまで続く

今日は2週間ぶりくらいにバイト。

先週は院長の研修会で(ホントか!?(笑))一週間休診でした。

その余波が来るかと思いきや、意外と空いてる。

いや、予約は満員だったのですが、2人連続で無断キャンセルだったのです。

こっちは準備してるんだから、忘れないでよねー。

 

5月に入った高校生2人のうちの1人と、今日初めて一緒でした。

まだ全然使えない。これまでの前例を見ると1~2ヵ月で独り立ちするんだけどな…。

こりゃ8月もピンチヒッター大活躍かねぇ(T_T)

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

二つの目標

二つの目標
一昨日から昨日にかけてココログのバージョンアップだったのですが、管理画面のレイアウトが随分と変更になりました。

あ、アクセス解析が独立してる。

携帯版ブログもアイコンが新しく付いて可愛い感じ。
 
 
写真は今日のお昼ご飯。ブロッコリーとアスパラのチャーハンです。
正直この2つの野菜がチャーハンの具に成りうるのか疑問でしたが、かなりおいしいです。お試しあれ。
夕飯では大根の皮むきをマスターしました。昔から皮むきが苦手でピーラーに逃げていたのですが、ついに真正面から挑むことを決意しました。
今夏の目標はピアノと料理の上達にしよう。
 
母は今日の仕事後、最終で金沢へ向かいました。
中越地震によって鉄道が不通になってしまったため(ニュースでよく映る、土砂に埋まってしまったあの駅を通るはずだったのです)かなり遠回りするのだとか。
東京駅での新幹線乗り換えに間に合うかヒヤヒヤだったそうなのですが、理解ある上司に恵まれて5分早く退社できたようです。ヨカッタネ。
日曜日の夜まで、私&妹の二人暮らしが再び始まります。
明日は可燃ゴミ。

| | コメント (4)

2007年7月23日 (月)

均衡

均衡
大分間があいてしまいました。8日間?新記録かな。
お久しぶりです。
 
忙しかったのではありません。真逆です。
暇すぎました。
ニートです。
いやいや、最初の3日間は頭痛に悩まされていたし、あとは卒論の個別指導やフィールドワークに行ったりピアノを弾いたりしていたはず。
 
本格的に夏休みに入ったのですが、本っ当に何もすることがなくてのんびり(っていうかぐうたら)。
ここで夜型にならないのが私の奇妙な真面目さの現れか。
 
ぐうたらしすぎてパソコンを立ち上げる気力もなく、記事を携帯メールに打ち込んでは送信せずに寝るという毎日でした。
記録は一応残っているので、今週中に公開していきます(Θ_Θ;)
 
今日は父の単身赴任先である北海道から父&母が帰宅。
といっても父は明日、次の赴任先である金沢に発つのですが。
今夏は残念ながら首都圏への転勤にならなかったので、4度目の単身赴任です。
 
 
Vnの先輩が通った高校のすぐそばにマンションがありました。夏も暑い北見でした。
そんな北海道に丸3年。その間私が訪れたのは1度だけ。しかも冬の一人旅。
外観や様々な景色は覚えているのに、今となっては間取りも思い出せない。あの家は私にとってその程度の存在だったけれど、一応第二の我が家でした。
もう二度と行くことはないと思うと、ちょっと悲しいです。
 
金沢はまだ行ったことがないし家がかなり広大らしいから、遊びに行かなきゃね。
 
 
ともあれ、3ヶ月ぶりに家族4人がこの家に揃いました。
パズルのピースが全て埋まったような、そんな感じがしました。
真面目で論理的な父
優等生で大胆な母
反抗期で生意気な妹
それから私
我が家はやっぱりこの4人で家族ができてるんだな。
他の3人がいて、均衡を保ってるんだな。
そう思いました。

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

最良の未来へ

070414_11590001 土曜プレミアムで放送されていた「時をかける少女」を見ました。

以下は話と曲の感想で、かなりな勢いでネタバレです。まだ見てない人は全然分からないと思うし、読まないことをオススメします。

ちなみに写真は就活で鶯谷に行ったときに撮ったもので、その日の日記に載せちゃっているのですが、この映画にはこれがピッタリだと思いました。

 

 

映画を見終わった後、とても切ない気持ちになりました。

だって超遠距離恋愛じゃん。

「未来で待ってる」って言ったって、千昭は相当未来から来てるみたいだから会えない可能性が高いんじゃないのかな。しかも会えた時は歳の差が半端じゃないよ。

本当にそれでいいの?

 

でもこれからお互い相手に近付こうとするんだろうね。

物理的に遠くなってしまったけれど心情的に近くなったこれからの方が大変なことがいっぱいあるんだろうな。

それを思うと、続きが知りたくなります。

あの3人の関係も、羨ましいなって思いました。

絵もすごく良いと思いました。

背景もしっかり描かれているし、配色も好きです。

青空や蝉の声が夏を彷彿とさせ、これからの季節がとても楽しみになりました。

 

それから「未来」について思ったこと。

「真琴の前から千昭がいなくなる」という一つの事実でも、最悪な未来と最良の未来がある。

真琴はタイムリープによって「最悪」から「最良」へと変えることができた。

でも普通の人間は今が「最悪」なのか「最良」なのか知ることができないし、変えることもできない。時間を元に戻すこともできない。

 

今の状態にはどんな「最悪」と「最良」があったのか。

また、この選択によってどんな「最悪」と「最良」があるのか。

一番知りたくて、でも決して分からないこと。

 

人間にとって「時間は不可逆」だから、考え得る最良の未来を目指して努力するんだよね。

だから人生は後悔と成長の連続。

生きられる未来は一つだけ。

 

 

かなり余談ですが、最初の頃真琴がタイムリープをする時に流れていたピアノ曲が好きです。

バッハの「ゴルドベルク変奏曲」。

劇中では主題と第一・第二変奏曲が流れていました。

中学生の時の試験勉強は、これを永遠にループしてラジカセで流していました。

理由は「長くて曲を暗譜しないから」。

私は音楽をひっそりかけながら勉強をするというスタイルだったのですが、幸か不幸か曲をすぐ覚えてしまい、試験中はその曲が頭の中で鳴ってしまって大変なんです。

そこで思い付いたのが、「長い曲なら暗譜しない!」でした。

まぁそんな訳ないんですが。

で、当時家にあった中で最も長いピアノ曲を探し出したのです。

ゴルドベルク変奏曲は3枚CDがあって、一番勉強がはかどりやすいテンポにしました。

 

今日かなり久しぶりにこの曲の主題と第一・第二変奏曲を聴いて、俄然弾きたくなりました。

というわけで、私の今夏の課題曲NO.1は「ゴルドベルク変奏曲」です。

この選曲は吉と出るか凶と出るか。

未来を見ることはできない。これが「最悪」なのか「最良」なのか、私は知ることができない。

だから挑戦できる。

どこまで弾けるかな。

| | コメント (0)

お手数な420円&ヤンキー

今日は映画を4本見ました。

catch a wave

ウォーターズ

時をかける少女

不良少年の夢

 

家族が誰もいないから、CATV見放題。

 

上2本を見た後でコンビニに出かけました。

ATMで振り込みをしたのですが、手数料420円。

分かってたけど、これ高すぎるんじゃない?

休日の夕方に振り込むのがそんなにいけない?

それとも稼ぎ時って意味での経営戦略?

不条理だ。

 

振り込みの帰りに、レンタルビデオ屋さんに立ち寄りました。私は気になる曲があってもまず買わないし、借りることは皆無。だから入ったのは2年ぶりくらいかな。

当然店内は様変わりしているわけで。ビデオだけじゃなくて漫画も借りられるようになってるし。しかも立ち読みできる。借りなくてもいいじゃん(笑)。

気になった漫画を5冊立ち読みして、満足して駐輪場に向かったら。

 

我が愛しのチャリに群がるヤンキー。

ぎゃー。

っていうか人様のチャリに絡むんじゃねーよ!

まぁ私の自転車に突っ込むようにしてヤツの自転車が駐めてあって、その上ににーちゃんが乗っかってたってだけの話です。

ある意味本当に絡まれてたか。

私は当然悪くないので「ちょっとどいて下さい」って言いましたが。

 

こういうヤンキーがいるから、この店にはあんまり近寄りたくないのです。

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

足掛かり

070719_19320001 ずいぶん間が空いちゃったな。16日から書いてないや。

忙しかったのではありません。

今週は外出予定が1件だけなので、限りなく暇です。

まぁ大学生主婦をやってるので、やることはそれなりにあるのですが。

写真は今日の夕飯。母が職場の歓送迎会だったので自炊です。我ながらよくできた。

 

明日は卒論の個別指導。

夏休み明けには卒論の構想6000字を提出しなければなりません。

だからこの夏休みは重要。思いっきりフィールドワークして、インタビュー調査して、文献読んで。

そのためにも、これまでのアドバイスやフィールドワークから浮かんだ新しい疑問点や今後の調査計画を話して、GOサインをもらいます。

っていっても2週間前に発表したばっかりだし、その時点で太鼓判を押してもらってるからなぁ…。

でもちゃんとフィールドワークにも行ってるし、「グラウンドワーク」という新しい情報も入っているので、聞くことは出てきています。

 

指導は15時からだから、それまで部室に行ってチャイ1の譜面でも見ようかな。

これまで譜面は2、3度見ているものの、曲を覚えているのといないのでは大違い。

コントラバスが何を弾いているのかはご自慢の耳によって解析済みだけど、よく分かんないところもあるし。

楽しみだなー。

 

あ、その前にレジュメ完成させなきゃ。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

山岳地帯

070716_09250001 朝起きた時、合宿もとい山に来たみたいだと思いました。

晴れてるのに空気はひんやり。

やっぱり台風が去った後の晴天は清々しいなぁ。

 

午前中はまたしても家族で買い物。

なぜ最近このシチュエーションが多いのかというと、中国旅行のためのスーツケースを求めているから。

 

買い物に行く前はいい加減バーゲンにも飽きたから何も買わないだろうと思っていたのですが、良い商品を目の前にすると買っちゃうよねぇ~。

でも洋服は控え目に。だって来年は休日にしか着られないし。

よって買ったものはバッグ(バーゲン品じゃないけど、長年探していた理想的なものだった)とかネックレスとか。

今年の夏はこれで乗り切ろう。

 

帰宅後、頭が痛くて寝ていたらピアノの音が。

我が家の両隣はピアノ教室なので音がするのは日常なのですが、どうも音色が違う。

これは家のピアノだ。

これまで私も妹も弾いたことのない曲だったので母かと思ってコッソリ階下に忍び寄りリサーチしたら、なんと妹がピアノの前にっ!!しかもウマっ!!

私が中2の時に発表会で弾きたかったけれど却下されたベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」2楽章をさらっと弾きやがった。

他にも有名な曲を数曲披露していました。

しかしいつの間にマスターしたんだ?家にいる時は昼寝しかしてなかったように見えたのに。まさか初見じゃないだろうな。

妹はピアノにあまり熱心ではなく一時期はレッスンを辞めていたし、完全に辞めるのも私より早かったのですが、何しろ指が長いので難しいことも涼しい顔でやってのけます。

に…憎い!

対抗意識メラメラ。

やっぱりこの夏はピアノ弾こう。

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

台風を見つめる青空

070715_16560001 朝から雨雨雨…。

台風4号は規模が7月としては過去最強らしい(・□・;)

海面の水温が平年より高くて台風が発達しやすかったことが要因だそうです。ラニーニャ現象の影響もあるとか。今年は大変そうだなぁ。

 

今日はずーっと土砂降りってわけじゃなくて、お昼過ぎにはちょっと止んだりしました。

そして16時すぎ、雨が上がって風がゴウゴウ吹き始めると、青空の下、台風の切れ端が高速移動。

写真だと、下の方にちょっとだけ写ってるのが台風の黒い雲です。

これだとすごく晴れているように見えるけれど、それはタイミングの問題。何しろ高速移動をしてるもんだから、5秒の差で空模様が全然違うのです。

 

この台風4号は「MAN-YI」って名前らしい。

にもこのブログで紹介したけれど、台風にはちゃんと名前があるんだよね。昨日CNNを見たら、日本の台風も名前で紹介されてました。

アメリカは台風を名前で呼ぶ習慣が定着してるみたいだけど、日本はニュースでも名前で言わないし全然浸透してない気が…。せっかく付いてるのにね。他のアジア各国はどうなんだろう。

 

今は千葉県勝浦市沖にいるとか。

こっちには台風の切れ端しか来ないみたい。

 

高いところにある白い雲。さらに高いところにある青空。その下を台風の黒い雲が高速集団移動。

かなり遠近感があります。

こういうの大好き。

| | コメント (0)

家電の女王

070715_13340001 あの壊れたビデオデッキ、修理に出すことになりました。

8ミリビデオが再生・録画可能なデッキはやっぱりどこも売ってないし、修理したほうが安いかもしれないし。

 

って訳で配線を見るためにテレビの裏を拝見。

 

汚いっ!!

ほこりの山(--;)

しかもフワフワしてるんじゃなくてベタベタしてる。

このうちに来てから5年間。

デッキの配線は一度もいじってない。

塵も積もれば山となる。はい。

 

我が家で父の次に機械に強いのは私。だからなのか、掃除して線を外す作業をなんとなく任されました。誰にだってできる気がするんだけど。

 

ビデオデッキから線を抜いて、ふと思いました。

液晶との配線も外したから、もしかして画像が映らないんじゃない?

 

その通り。

たまに音声が聞こえたりするものの、基本的には砂嵐。あれまー。

修理にどのくらいかかるか分からないけど、少なくとも3、4日はテレビなしで過ごせ、と…?

レトロにラジオ生活か…。いや、ちょうど台風も来てるし、どちらかといえば災害だな。

うーん、耐えられない。

 

で、またふと思ったんだけど、テレビに繋がってるのはCATVのチューナーもあるんだから、それを活かしてそっちで見ればいいんじゃない?

 

その通り。

ビデオ2にすると、CATV独自のチャンネルも普通のチャンネルもちゃんと映りました。

やったー\(^_^)/

 

根っからの文系なのに、なぜか家電の扱いは昔から得意。

でも父みたいに理論的に考えるんじゃなくて、感覚的に捉えてるだけだから「なんとなく」分かるって感じです。

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

家族ってこんなもん

070714_18470001 朝4時まで一睡もできませんでした。

(・_・)パッチリ

2時過ぎても起きてたから、脳が「徹夜モード」になったのかなぁ。

 

そんなことを知らない母は、普通に9時に妹を大音響で起こす。

うるさーい。

5時間睡眠になっちゃったじゃん。

寝不足からか気候のせいか、気管がおかしい気がする。狭くなってるような…?昔を思い出す。

 

それはそうと、今朝ありえない発言を聞きました。

雨が降っているので妹をバイト先まで送り届ける、心優しい母。

過保護はやめなよ的なことを言ったところ「焼きもちを焼くのはやめなさい」って言われました。

(・・;)

絶句。

焼きもちを焼いてるんじゃなくて、異常だって言ってるんだけど。

ってかお母さんが考えてるこの場合の「焼きもち」ってあれでしょ?

幼稚園くらいの子どもに妹or弟が生まれて、「お母さんを取られちゃったよー」ってやつ。

バカにするなー!!

私はもっと大人だー!!

妹から離れて私のところへ戻ってきてほしいんじゃなくて、妹との適切な距離を考えましょうって意見なんだけど。

もーいいや。

今まで私が何を言っても取り合ってくれなかったのは、焼きもちを焼いているからだと思われてたからなんだ。

だったらもう何も言わないよ。

せいぜい妹の介護を頑張ってください。

本当だったら午前は母と一緒に買い物の予定だったけど、行かないもんね。

 

意地を張らずに行けばいいじゃん。

行った方が楽しいよ。

お母さんがかわいそうじゃん。

っていう罪悪感はものすごくあるし、いつもだったらここで折れる。でも今日は絶対いやだ(いつかも聞いた台詞だな)。

 

 

…と分裂まっしぐらかと思いきや、15時過ぎに仲良く3人でお買い物&夕飯へ(笑)。

 

070714_18580001 近すぎて難しいことが多いけど、時にはなんとなく修復することもできる。

喧嘩しても、なんとなく仲直り。

1年以上絶交状態の妹とも、会話をしたわけじゃないけどなんとなく近付いたような。

私はその「なんとなく」が嫌だから、衝突するんだけどね。。

まぁ根本的に性格が違うから衝突しても無駄かなって思います。

諦めや妥協とは、ちょっと違う。

よく分からない。

でもそれが家族かな。

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

ある冬の日に向けた幻想

070714_00240001 今朝パソコンで図書館の資料検索をしたら、チャイ1が1枚だけ「利用可」に!!

誰か返却してくれたんだね!

すっ飛んで(といっても夕方5時に)借りに行きました。

とうとう手に入ったー!

 

部室に置いてあったMDより断然速い。

でもグレートよりは難易度が低いから大丈夫かな。

家のオーディオで聞いたせいかもしれないけれど、低音が厚い。

写真を見たらコントラバスは9人=4プルト半。

(・□・;)

そりゃ厚いわけだ。

やっぱりチャイコフスキーは大型なのか。

これまで4プルト半でやった曲って…ない。

こりゃ大変だ。

 

それはさておき曲の感想。

好きな曲ではないけれど、ところどころハッとさせられる。

和音の展開がシビれるっていうか。。

伴奏のつけ方がニクいっていうか。。

 

1楽章はコントラバス大活躍で、特徴あるメロディーを弾くのが楽しみ。最初は絶対テンポに追いつけないけど。いい加減分かってるだろうけど、大変なのよ。

2楽章は眠くなるって思ってたけど、真剣に聞くと泣ける。伴奏のし甲斐がありそう。

3楽章は怪しいメロディがなんとなくいい感じ。コントラバスも参戦してるし。

4楽章は全体で見ても一小節だけで見ても、mollかと思いきやdurになる展開が好き。火山が噴火して悪魔でも出てきそうなディズニー映画っぽい場面がほんの一瞬あるけど、そこがツボ。それから、フィナーレに向かう準備段階も好きだな。

 

ちなみにこのCDはコンサートを録音したものだったので、観客の咳や指揮者愛用の扇風機の音(なんだそれ(笑))、それから拍手&ブラボーも入ってます。

臨場感あるな…。

 

それにしてもコントラバスは多くの部分で曲の転換を担ってるなぁ。

低弦ソロもだいぶあるじゃん。

コケたらえらいことになる。

そろそろ練習始めなきゃ間に合わないな。

初トップ合わせの日も確定したし。 

 

そうそう、冬の定演は私がトップになりました。

別に後輩から奪ったわけじゃないです(笑)。

もともとは春定演前の決着の時に、向こうからそういう話を持ちかけてきたんです。

オフ明け前のトップ合わせを決める時期にもなったので、話し合いによって決めました。

円満です。脅してないです。

3年生が部活の中心になるっていう慣習からすれば異例だし、4年なのに出しゃばるなって感じかもしれないけれど。

任せてくれたからには、キッチリこなします。

与えられた仕事は完璧に処理する。

裏ではどうであれ、表面的・最終的にはそう見える・見せるのが私です。

 

この曲を舞台で演奏する時には、どんな人間になってるんだろう。

卒論は出したよね。卒業できるよね。

パートは良い方向へ持っていけましたか。

会社はどうなってるんだろうね。

前期はこれまでにない色々なことを経験して特別な演奏会になったけど、後期は現役最後の演奏会。

前期にはなかった「達成感」を味わって終わりたいです。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

星を見たい

070712_18260001 ←こにゃにゃちは。

電機屋さんに行った帰りに発見した猫。

屋根の上にはシマシマもいたんだけど、逃げられました。

猫飼いたい。

そりゃもう激しく。

毎日猫ブログ見てます。

  

電機屋さんに行ったのは、ビデオデッキの視察。最近調子が悪かったのですが、先日遂にテープを引き裂きやがりました。新品だったからまだ救いがあったけれど、唖然としました。

そう、テープです。DVDじゃないんです。

我が家は8ミリ&VHS。

引き裂かれたテープはVHSですが、たまたま調子が悪かったかもしれないし…と思いつつ恐くてそれ以来VHSを入れられません。

そこで昨日8ミリで録画しようとしたら反応してくれませんでした。

本格的に壊れてら。

 

え?8ミリを知らない?

カセットテープみたいな大きさのビデオです。

(昔のタイプの)ハンディカムとかで撮れるテープ。

8ミリにそっくりだけどもっと小さくてもっと現代的なビデオも開発されています。でもそれとは違います。

 

いつだったか友達と話していて、8ミリビデオが全然メジャーじゃないということにビックリしました。世間では「ビデオテープ=VHS」らしいですね。

私の家は生まれた時から8ミリです。その証拠に、私と妹の成長記録映像は8ミリです。ピアノやコンクール、コンサートの映像も全て。

ジブリが録画してあるのも8ミリです。

 

我が家にとって非常に重要な存在の8ミリビデオ。

それが今、絶滅の危機に瀕しています。

電機屋さんに行くと、DVD&VHSタイプはあるものの8ミリのビデオデッキが1台もない。

8ミリだいぶピンチ。

進化していくのはいいんだけどさぁ、昔の物のことをもうちょっと考えてよね。

仕方ないか。

企業は利益を追求する団体。

廃れていく一方の8ミリはサッサと切り捨てるしかないんだろうな。

「便利になった」っていうのは技術の進歩でもあり企業の策略でもある。

 

 

お次は私をいらいらさせるもの。前々から思っている、家族に対する愚痴です。

グチグチです。

でも「全部書く」って決めてるからもう書いちゃいます(`へ´)

 

続きを読む "星を見たい"

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

夏休み初日

070711_19130001 夏休み突入。

っていってもすでに定演が終わってから夏休みに入っていたようなものだったけど。

 

今日は夕方4時に図書館へ。

予約の本を借りにと、前中の選曲に挙がった曲を聴きに。

予約した本は卒論関係。

官・民・企業がパートナーシップを組み、環境保全に取り組む「グラウンドワーク」。日本で初めてそれに取り組んだ三島の文献です。

私の卒論のキーとなるかもしれない先行研究なので、かなり読みたかった。。あなたを待ってました。

もう一冊グラウンドワーク関係を借りて、あとはCDコーナーへ。

 

さすが、充実してるねぇ。家にあるものも含めると、前中の候補曲がほとんど揃いました。

でも借りるのは枚数的に不可能なので、視聴席でひたすらCDの山と格闘。

うーん。ビビッと来る曲はナシ。

候補曲よりも、たまたま悲劇的序曲と一緒に入っていたハイドンバリエーションに聴き入っちゃいました。

これも出しておけばよかったー(TへT)

でも難しいんだよね、確か。

それにしても、これだけCDがあるのにチャイ1がいつも貸し出し中とはどういうことだろう。

5、6枚所蔵されているのにもかかわらず、私はいまだに手にしたことがありません。

この曲そんなに人気なの?

 

 

夕飯後テレビを見ていると、旅番組で三島がちょっと登場!!

しかもグラウンドワークでよみがえらせた源兵衛川が映った!!

一瞬だったけれどすごくきれいなのが分かったし、川で遊んでいる人も多かったです。

これは「成功例」なんだな。

こうなるまでには何十年もかかります。

私の地元はまだ始まったばかり。今は署名を集めている段階で、まだ成立はしていません。成立しても、理想の形に持っていくまでが難しいのです。特に「土地」もからんでるからね。

よって卒論の調査対象団体として扱えるのかどうか、非常に疑問。

来週指導教授による個別相談があるので、そこをハッキリさせたいです。

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

前期最終日

070710_23440001 Q.これは何でしょう

 

 

 

 

 

 

 

A.ドラえもん

 

 

私が書きました。

すいません。

絵心ないんです。

 

 

内定者懇親会のお知らせと一緒に届いたグループ報。

その名も「Tutti」。イタリア語で「皆」って意味。

音楽をやっていれば目にするし、そもそもオーケストラでは「合奏」のことを「Tutti」って呼ぶみたい。

そんな馴染み深い「Tutti」にこんなところでご対面とは。。

内定先のコーポレートスローガンにも「オーケストラ」の単語が入っています。

その会社を束ねるグループ(というか持株会社)も音楽関連で来たか。

上層部の誰かが音楽関係者なの?

まぁ事業内容は音楽にかすりもしないのですが。

表紙の写真(2月号なので椿でした)も綺麗だったので載せたかったのですが、社外秘(?)なので取り扱いには注意せよとのこと。

残念です。

 

今日で今期のゼミが終了。

すなわち、前期の授業が全て終了。

もう部活のオフ明けまで大学に行く必要はありません。

なんて呆気ない。

この半期にいくらかかってるんだろうね。

ゼミに行って、部室で絵を描いて、頭痛の中バイトをした。

そんな前期最終日でした。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

半額でーす

070709_20480001 目が覚めたら朝10時。

何をやってるんだ私は。

 

今日は大宮のパスポートセンターへ。

私&妹のパスポートを申請しに行きました。

未成年は有効期間が5年なので、2人のパスポートは去年で失効。

私はこの度めでたく10年モノを申請です。

センター内にある写真屋(とは違うけど)で写真を撮ったら、他人には絶対見せたくないものが出来上がりました。

いや、パスポートだから見せるべきものなんだけど。

これを31歳まで使わなきゃいけないと思うと、寒気がします。

ぞぞぞ。

 

平日だからなのか、センターはガラガラ。だから申請もさっさと終わって暇になりました。

そこで大宮のルミネに初上陸。

すっごーい(・O・)

池袋で見たお店がここにもいっぱいある!!

欲しい!!

買い物意欲がめらめら。

しかもバーゲン中ときたもんだ。

やっほー。

 

大宮ってロフトだけじゃないんだね。

新幹線だけじゃないんだね。

ルミ姉すごい。

完全になめてました。

その分感動しました。

 

3時間近くウロウロして、50%オフのポロシャツと30%くらいオフのキャミソールを買いました。両方とも試着せずに。

といっても片方は昨日色違いを試着済み。でも無難な色にするか、似たような色を持っているけれど何ヶ月も前から惹かれちゃって惹かれちゃってしょうがない方にするかで迷いました。結局買ったのは後者です。

ポロシャツはセール中なので試着不可。しかもMサイズ(と称しているがLサイズは置いていないお店)。

鏡の前で何度も合わせて合わせて…。半額ですごく安かったので思い切りました。

帰宅してから着てみると…。

まぁ大丈夫じゃん?

どっちにしろ大学には着ていかないと思うけど。

 

昨日・今日で「ホンモノ」のバーゲンを目の当たりにしたけれど、本当にすごいねぇ。

多くのお店で「店内全品半額でーす」だよ。

定価で買うのがオソロしくなりました。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

運命の力

070708_12340001_1 今日はいつもエキストラとして来てくれているOB・OGが所属している交響楽団の定演の受付アルバイト(長いな…)。
曇っていたからなんとかスーツを着られました。
いや、でも暑かったです。
 
行きの電車でメインは「運命」かなーって考えていたら、本当にそうでした。
運命を感じました(笑)。
二度と弾きたくないけど。
これまで6曲の交響曲を弾きましたが、二度とゴメンなのはただ一曲。チャイ4でもなければグレートでもない。
運命です。
あれはコントラバス(いや、私だけ?)に対する挑戦状。
全然聞こえないのにめっちゃ難しいアルペジオをガンガン弾かせやがって。
あら失礼。
 
私にとって初めて弾いた交響曲だったのですが、早くもこの世の地獄を見ました。
今弾けば違う世界が見られるのかしら。
 
 
一緒に行った8人?がランダムで仕事を振り分けられ、担当が花束・プレゼント受付になりました。
あら。
私は演奏会の受付系の仕事においてこれしかやったことがありません。っていってもまだ3回目なんですが。
ここにも運命が存在…?
 
仕事は病院アルバイトよりも楽でした。
印象的なことといえば。
私の相方を務めていた団員さんのミスを、別の高圧的な団員さんに叱られました。
相手が違うんですけど、って思いましたが、向こうは出番前で興奮しているだろうし、指摘したらその団員さんと気まずくなっちゃうだろうから黙っておきました。
でも嫌な感じ。ううう。
なんだか面倒だ。
社会人になったらこういうことがいっぱいあるんだろうなぁ。
 
 
メインの3楽章と4楽章冒頭は舞台裏で聴かせていただきました。
いや、たまたまコントラバスの後輩と一緒に楽屋にカバンを取りに行った帰りだったんですけどね。
運命の3楽章はコントラバスのためにある。
言い過ぎかもしれないけれど、そのくらい大活躍なのです。
これを舞台裏で聴かないわけにはいかないでしょ。
って思って楽屋に向かったんです。
あれ、確信犯か(笑)。
 
この団のコントラバスはすっごい。
地響きのように轟々してる。
全員5弦なんだろうか。
分かんないけど、とにかくすんごい。
カッコいいフーガが、5倍心に来る。素敵。
こんな響きを待ってた。
っていうか自分に欲しい。
私の音色は最近殻を破ったヒヨコ。でもせっかく破ることができたんだから、鶏目指して一生懸命弾くのです。
がむしゃらとは違う路線。
 
でも、地響きのように聴こえたのは舞台裏だったからなのかな。
 
昨日の新人演奏会でも思ったけれど、コントラバスって後ろの方が響きが来る気がします。
前面は直接的な音。
裏面は間接的な響き。
裏面の響きをいかに前面に出すかがミソ。
あぁ、だからすぐ後ろに反響板のある位置で弾いてるのかな。
 
あくまでも私の推論です。
耳以外の根拠はありません。
 
 
アンコールのマイスタを選曲の参考にしつつ、仕事終了。
あら、意外にも池袋に向かう人いないのね。
 
このまま帰るのはもったいないので、池袋パルコでバーゲンに参戦しました。
メガホンを使って叫びまくる店員。
50〜70%引きが当たり前。
いつ通ってもタイムサービス中(笑)。
 
ホンモノのバーゲンを知りました。
私はまだ世界を知らないみたいです。
 
 
今日からついに大学生活最後のオフ期間が始まったわけですが、定演のお手伝いに行って練習意欲が湧きました。
チャイ1さらいたい。
というより、あの楽器に触りたい。
凹んだ心が浮上しかけているみたいです。
これも「運命」の力か。

| | コメント (2)

2007年7月 7日 (土)

それぞれのセオリー

070707_18390001午前中はフィールドワーク。

午後は部活の前期反省会・新人演奏会・そして納会。

 

えーっと、何があったかほとんど忘れました(笑)。

なにしろこれを書いてるのは5ヶ月後、12月31日。

ブログを書く上では相当古い記憶を引っ張り出してます。

ちゃんと書いて、単に非公開にしてたはずだったんだけどなぁ。

 

新人演奏会は、ついに全降り(T△T)**

とはいきませんでした。

アンサンブルは降りましたが、Tuttiには乗りました。

4年生なのに。

万年新人ってことか(笑)。

 

1年生のアンサンブルは、初心者集団のわりに良くできていたと思います。

低弦は萎縮しすぎたか。

音量を押さえることには成功してるけど、響きまで殺してる。

前も書いたけど、そこが2人のこれからの課題でしょう。

 

1年生って、恐る恐るで一生懸命だなぁ。

今の私がなくしたものばかり。

 

納会では1年生の挨拶があったのですが、初めて見た(気がする)子がいました。

歳だなぁ。

二次会はシャノアール。

皆の過去の話を聞いて、大爆笑した覚えがあります。

色んな困難を乗り越えて、ここに存在してるんだね。

 

 

大人もコドモもそれぞれのセオリーがあって、それに従って行動してる。

それが衝突するのは仕方ないけど、わざと衝突したりオトナになれない人は幼稚だし、見ていて不憫だ。

彼はそういう意味で、大人の考えを持った子どもだ。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

開けずにはいられない窓

070705_14260001 今日の用事→→→

家事

図書館&市役所

 

昨日以上に寂しい日。

部屋の掃除でもしよう、と思い立つも、気が付けば昼寝中。

気が付けば夕飯。

こりゃあのキャンプに入隊しろってことなんだろうか。

 

去年のブログを読むと、この時期はレポートに追われていたらしい。

その数9。

そりゃ定演が終わったからといって気が抜ける暇もないな。

例年はレポート提出や試験が迫っていることにハッと気付く時期だけど、今年はそれがない。

だから何をしていいか分かんないんだ。

 

そうそう①、初蝉を観測しました(観測って言うのかな…?)。

図書館のすぐそばにある林に生息している模様。

昨日・今日と鳴き声を聞きました。まだ一匹だけっぽい。

せっかちな性格だったのかな。

仲間がいなくて寂しくないのかな。

 

そうそう②、気が付いたらブログ一周年を過ぎていました。

だからなのかもしれないけれど、最近は過去の記事を読むのが楽しいです。

私は一日の出来事を全て書かないと気が済まないので、長すぎだよ!!って記事が多いです。

 

成長しているような、していないような。

遠いような、近いような。

1年も経っているけれど、地続きの自分。

 

総記事数は439。

公開していないものがいかに多いか。。

まぁ三日坊主にならなくて何よりです。

| | コメント (2)

2007年7月 5日 (木)

流浪

070706_01060001_1 今日の用事→→→

妹の住民票取得

家事

部活

 

暇でした。

怒涛の2~5月に比べ、こののんびりした時間は何だ。

行動の二本柱だった就活と部活に一気に区切りがついて、がっくりペースダウン。

部活でTuttiとかアンサンブル指導したりしてるけど、何か物足りない。

授業を取ってないから試験もレポートもない。

時間を浪費してる気がするな。

でも前と違って後悔はしてない。

やるべきことが目の前にないから、後悔のしようがない。

重症だわ。

 

定演が終わって気が抜けたのもあるかな。

 

明日はバーゲン行こうかな。

いや、その前にまた区役所だ。

3日連続訪問って…区役所マニアか私は。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

日本脱出計画

070705_00370001_1 この夏、日本を脱出します。
 
行き先は中国。
 
九さい溝(漢字出ない)と黄龍が目当てです。
 
パンダはいりません。
 
 
パスポートの有効期限が去年の夏で切れたため、申請をする必要があります。

今日はその下準備。

戸籍謄本と住民票を取りに行きました。

 

ここで実子でないことが発覚!!

 

なわけない。

 

謄本は見たことあるし。

 

ただ、出生地が新潟市であり、届け出も新潟市だったことが発覚(◎o◎)

里帰り出産とは聞いてたけど、やっぱりそうだったんだねぇ。

あ、つまり私は新潟市出身?

いやいや、すぐに戻ったんだから東京都?

わかんないや。

 

気になったのは、生まれてから届け出るまで8日間空いてること。

名前…迷ったのかな…。 

いや、生まれる前からこの名前は決まっていたんだから、きっと忙しかったんだよね。

でもやっぱり気になる謎の8日間。

戸籍って面白いよ。

 

今年の夏休みは、海外ボランティアにも行きたいのです。

地球環境保護活動の。

一人で参加。

うーん、どうだかなぁ。

部活・免許・卒論・バイト・引越で行く時間なさそう。

行くとしたら部活は休まなきゃいけないし。

でも…でも…来年は行けないことを考えるとトライしてみたくなるのです。

こういう時のために、奨学金を取ったのです。

あぁ―どうしよ。

 

悩んだってしょうがない。

計画的に、充実させるのだ。

時間は有限なのだ。

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

手に塩

070703_13240001 生協で発見したチロルチョコの「塩バニラ」。

Hrの友達が言ってたのはコレか…!!

塩とバニラってどんな不協和音ですか。

勇気を出して食べてみる。

 

うっ…((°Д°;)))

 

 

って思ったら、塩の味的主張が全然なくてホワイトチョコ同然。

塩はザラザラした食感だけでした。

なんだー。

っていうかホワイトチョコ好きだからむしろ結構おいしい。

気になることは一つ。

溶け方が変。

手で持った時、ジュワジュワ溶けていったのは何?

塩のせい?

 

今日はゼミ。

先週発表が終わったから楽々。

発表者のうち、最後の一人の仮説後半が医学的だったので指摘してみると、なぜか話が盛り上がりました。

その後のメンバーの意見によってやりたいことも見えたみたいだし、お役に立てて何よりです。

ここは医学部じゃないからねぇ。そんな難しいことはできないよ。

 

部室に行って、いろんな曲を聴きました。

大学祝典序曲。

ハイドンバリエーション。

禿げ山。

チャイ5。

 

やっぱりハイドンバリエーションはいいねぇ(´`)

聴くだけなら。

禿げ山は最初が恐いから絶対嫌。

っていうか激山?これでも「はげやま」って読めるよね(笑)。

大学祝典序曲もいいね。誰かさんの陰謀じゃないけど。

 

冬定の前中が募集中だけど、最後だから何か出そうかな。

出せるほど曲を知らないのですが。

バロックでもいい?テレマンとか。

あ、管弦楽曲知らないや(無知)。

それにトロンボーン・テューバないだろうし。

やっぱりお任せしておくのがいいのかもしれない…。

| | コメント (0)

就活総括

070703_21010001 会社から「誓約書が届いた」という連絡を受けました。

これで就活終了。

余程のことがない限り、商社に就職します。

 

それを報告するため、今度こそ担当者がいると思ってキャリア支援課に行ったらまたしても不在。

今年度から課長(?)に昇格したから忙しいみたいです。

再び別の人に伝言を頼んだら、「就職活動報告書兼内定届」と「進路決定報告書」をプリントアウトして渡されました。

どうやらこれを提出するらしい。

なかなかややこしい。

 

書類を書くために、就活を総括してみました。

  • 総エントリー数  180社
  • オープンセミナー参加  6社
  • 学内企業説明会参加  12社
  • 合同説明会参加  12社
  • 説明会参加  50社
  • 選考参加  26社(途中辞退7社)
  • 内定  2社(ともに5月初旬)

こんな感じです。

あれ、意外と説明会に参加してるかも。

のんびりしている私にしては、自らガシガシ行った気がします。

 

初めて企業説明会に参加したのは11月22日。

それから半年。

長かった。

選考に落ち続けた2~3月は、自分は社会から必要とされていない人材なんだって思いました。

手当たり次第に説明会の予約をして、自分の首を絞めたりしました。

焦って焦って、何に焦ってるのか分からない位ぐっちゃぐちゃでした。

「自分に合った会社は必ずある」なんてきれい事じゃん。

私に合う会社なんて、そもそも存在してないんだよ。

 

でも、あるんだね。

実感しました。

 

「自分に合った会社」を見付けるためには、まず「自分が入社後に何をしたいのか」を見付けることが必要なんだ。

それは他人より優秀で大きな夢を抱くことじゃなくて、詰まるところ「自分がどんな時に喜びを感じるか」っていう些細なこと。

それを伝えて採用されたんだったら、そういう働き方ができるってこと。

不採用だったら、自分の喜びを感じられる職場じゃないってこと。

「頭の善し悪し」とか「社会不適応者」じゃない。

そういうこと。

 

お祈りメールばっかりで沈んでいた時でも、就活を止めたいって思ったことはありませんでした。

基本のんびりで脳天気で鈍感だからね。

それぐらいがちょうど良いのかもしれないね。

でも、一番の要因は友達がいてくれたことかな。

「就活は個人戦だけど、皆で乗り越えるものだよね」って友達に言いつつ、一番支えにしていたのは私だね。

定期的に部活があって、学科友達との飲み会があって、正直焦ったけど本当に良かったです。

 

 

大学受験に失敗した時に「就職は何としても満足のいく結果にする」って誓いました。

お世辞にも早めに始めたとは言えないけれど、私の場合は第一志望として考えていた会社がたまたま自分と合うところだったから、かなり満足のいく結果でした。

 

いろんな場所に行って、いろんな会社を知って、いろんな人に会いました。

自分を見失ったこともあったけれど、それ以上に自分を見付けられた気がします。

これで就活は終わりにします。

お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2007年7月 2日 (月)

人の望み

070703_01220001_1お久しぶりです。
 
定演本番については訳あって木曜日に公開します。

 

卒アルのお知らせが来る歳になりました。

遂に個人撮影。

その前に髪染めようかな。

 

それから、テンプレートを変更しました。

「New Days」から「カラーガイド フレッシュ」へ。

爽やか~。テンプレートを変えると印象がだいぶ変わるね。

 

 

今日は部活でした。

といっても正式なものではなく、今週末に開かれる新人演奏会のエキストラ及びアンサンブル指導です。

Tuttiは初めてだったこともありてんでバラバラでしたが、まぁこんなものでしょうか(偉そう(笑))。

アンサンブルはだいぶ一体化してきました。羊羹弾きじゃなくなってきたし。

あとは、指揮をなくした時にどれだけ現状が維持できるかが問題かな。

 

大学に通えて、友達や後輩がいて、楽器が弾けて、やっぱり私は幸せです。

 

どうして私の心を見透かしちゃうんだろう。

ちょっとしか言ってないのに。

すごいよ。

その通りだよ。

 

私もあんな気持ちで人と接してみたい。

って思って実践してみた。

そしたらやっぱり違うね。

いろいろと。

 

様々な人がいて、世の中は成り立ってる。

全員が仲良くなんてできないから、傷ついたり傷つけたりするんだよね。

でも「好き」とか「嫌い」の前に「理解」したい。

そう思った7月の夜。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

脱皮

070701_00230001_1 考える二次会。

隣の同期にセクハラされながら、やっぱりコントラバスが一箇所に集う不思議を目の当たりにしながら。

「悲しさ」は数多くの失敗が原因かと思ったけれど、二次会でよく考えてみました。

 

失敗だけじゃない。この定演が終わることも悲しかったんだ。

春定が終われば、次の冬定は現役最後の演奏会になる。

そういう状況に置かれるのが嫌で、本番はすごく楽しみにしていた一方で拒んでもいたんじゃないか。

時間から逃れることは不可能で、ついにそういう状況に置かれちゃったから悲しいんじゃないか。

 

終わってほしくなかったんだ。

だからしょんぼりしてたんだ。

そう思います。

 

それから「楽しさ」についても考えてみました。

楽しかったのは、4年目にして「コントラバスらしい」音の出し方が分かったからと、「オーケストラ」の風土に慣れてきたからだと思います。

 

その楽器に一番合った「いい音」を出すのはとても難しいです。

ただ音を大きく出せばいいんじゃない。それじゃあ芯がむき出しになってるだけ。ホールで演奏したら通用しない。響きや深みのある音色も必要。

カッパ巻きで言うならば(これは昔からよく使っていた例え^^;)、真ん中のカッパだけじゃダメ。

周りを覆うご飯と海苔があって初めてカッパ巻き。

音にも同じことが言えます。

 

そのためには、弓はどんな角度で・弾く位置はどこで・力はどのくらいで・返しの瞬間はどうするのかetc.

自分及び楽器の特性を理解し、あらゆる条件をクリアして初めて、その楽器の本領が発揮されます。

それを全て掴むのはとても複雑な作業でした。

3年目にしてやっと、今私が出せるベストな音が見つかりました。

コントラバスはまだ4年目なのでとんでもなく幼稚なレベルだってことは分かってるけど、それでも階段を一つ登ったんです。

これを言うとものすごく偉そうだけど、後輩3人はまだそれを掴んでいない。

もしくはご飯と海苔が必要だってことにまだ気付いていない。

それは入団当初の私と似ている。

今の私と後輩3人の「差」を感じました。

対外的な「自慢」じゃなくて、対内的な「成長に対するうれしさ」です。

やっぱり成長したんだな。

 

それからオーケストラの風土について。

私は9年間も吹奏楽一筋だったからその習慣は染みついていて、実は今までオーケストラに違和感を感じていました。

これまで所属していた吹奏楽は譜面台の高さから待機している時の姿勢までキッチリ管理されていた団体が多いのですが、オーケストラは自由です。本当に自由です。特に弦楽器は。

そのギャップに戸惑い、「吹奏楽」と「オーケストラ」の狭間でウロウロして、ずっと悩んできました。

でも、ここでやっと慣れることができました。

確かに伝統はあるけれど、型にはまりすぎず楽に弾けばいいんだよ。

だから「脱皮」です。

吹奏楽が長かったものだから、本当に苦労しました。

 

特別な曲での、特別な演奏会。

いつもより失敗が多くて、完璧主義の私はだいぶヘコんでる。

でも、もうコンクールバンドにいるんじゃないんだから「正確さ」とか「見た目の統一」を意識しすぎることはないんだ。

今私が所属しているのは学生オーケストラ。

第一の目標はやっぱり「楽しむ」ことなんだよね。

本番では無意識のうちにそれを感じ取ったんじゃないのかな。

だからあんなに楽しかったんじゃないのかな。

朝5時までの二次会で、池袋6:50発の電車の中で友達に話ながら、そう結論づけました。

 

役職を引退したからいまいち感慨もないし、練習不足だったし、もしかしたら今までで一番ひどい本番だったかもしれません。

でも、それらを超越した特別な演奏会でした。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »