« 開けずにはいられない窓 | トップページ | 運命の力 »

2007年7月 7日 (土)

それぞれのセオリー

070707_18390001午前中はフィールドワーク。

午後は部活の前期反省会・新人演奏会・そして納会。

 

えーっと、何があったかほとんど忘れました(笑)。

なにしろこれを書いてるのは5ヶ月後、12月31日。

ブログを書く上では相当古い記憶を引っ張り出してます。

ちゃんと書いて、単に非公開にしてたはずだったんだけどなぁ。

 

新人演奏会は、ついに全降り(T△T)**

とはいきませんでした。

アンサンブルは降りましたが、Tuttiには乗りました。

4年生なのに。

万年新人ってことか(笑)。

 

1年生のアンサンブルは、初心者集団のわりに良くできていたと思います。

低弦は萎縮しすぎたか。

音量を押さえることには成功してるけど、響きまで殺してる。

前も書いたけど、そこが2人のこれからの課題でしょう。

 

1年生って、恐る恐るで一生懸命だなぁ。

今の私がなくしたものばかり。

 

納会では1年生の挨拶があったのですが、初めて見た(気がする)子がいました。

歳だなぁ。

二次会はシャノアール。

皆の過去の話を聞いて、大爆笑した覚えがあります。

色んな困難を乗り越えて、ここに存在してるんだね。

 

 

大人もコドモもそれぞれのセオリーがあって、それに従って行動してる。

それが衝突するのは仕方ないけど、わざと衝突したりオトナになれない人は幼稚だし、見ていて不憫だ。

彼はそういう意味で、大人の考えを持った子どもだ。

|

« 開けずにはいられない窓 | トップページ | 運命の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開けずにはいられない窓 | トップページ | 運命の力 »