« 真実はどこに | トップページ | 縫い縫い »

2007年8月 5日 (日)

まんてん

070805_12090001 部室はサウナである。

意気揚々と12時に部室に辿り着くも、暑さにやられて練習せず。

そんな部室で5時間もヴァイオリンを弾き続けたRさんは偉人です。神です。

 

一方、続々と集まってきた暑さに弱いベースの面々は、13時に涼しい教室へと移動。

地球温暖化に拍車をかけるべく冷房を20℃に設定し(我がパートには暑いと死んでしまうペンギン君(!?)が一匹いるのです)、息を吹き返した14時からチャイ1の譜読み会を開始しました。

 

思えば、4人で揃って合わせるのって初めてなんだよね。

前期は経験者であれ1年生を全乗りにするわけにもいかなかったし、パート練習が皆無だったってのもあるけど( ̄U ̄;)

狭い部屋に4本の楽器が並んでいる様を見ると、合宿のようでした。

 

4本はさすが音量あるなぁ。

音程は意外と良いけど厚みがない。これはこれからの課題だな。

 

最近毎日のようにピアノを弾いているせいか、指が良く動きました。

しかしチャイ1って簡単なのねぇ。実は20日以上楽器に触ってなくて、2・3楽章は初見だったにも関わらず結構弾けちゃった。

チャイ4やグレートがいかにバカ難しかったかを痛感しました。

 

チャイ1の難しさって、今までの曲とはちょっと違う。

高速パッセージが頻繁に出てきたり、変拍子だったりするんじゃない。

この曲の難しさは、パート・セクションソロにあるんだと思います。

前にも感想で書いたけど、チェロ・ベースが完全にソロになるところが結構多いのです。

最後の演奏会で、一味違った緊張感を味わえそうです。

|

« 真実はどこに | トップページ | 縫い縫い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真実はどこに | トップページ | 縫い縫い »