« もはや罪悪感すらない | トップページ | N3 »

2007年8月25日 (土)

急ブレーキ

070825_12140001 11:56に電話が来たときは、私が遅刻しているのかと思って一瞬血の気が引きました。

そんな一日の始まり。

 

今日はよく喋りました。

4年会ではまたしても進行代役を務め、

その報告をし、

ヴィオラ部屋ではガールズトーク

同じ学科の後輩2人から専門ゼミの相談を受け、

パートの後輩とは言語&バイリンガルについて熱く語る

 

考えようによっては、私も標準語と名古屋弁のバイリンガル(笑)。

 

部活は徹底的に基礎練習。練習時間の8割は基礎練に費やしました。

オフ中は全く楽器に触らなかった上に、オフ明け後も2日遅れて練習に合流したため、他の人に比べて圧倒的に練習量が少ない。

幸いにも音質は変わっていないのですが、弾き方がぎこちない感じがします。

それを克服するために、今は曲よりも基礎で馴らす。

曲はどうせ合宿でガンガンやるんだから、今はゆっくり一音一音確認する。

 

練習をしていて、やっぱり自分の弓が欲しくなりました。

あたかも楽器のオマケみたいなこの弓で弾くのは、そろそろ限界なのです。

トレーナーの先生にも散々弓を買いなさいって言われていたし、物によって全然違うので、夏休み中に先生と一緒に買いに行きます。

ちなみに後輩その3の弓は10万円。使いこなせるようになれば相当いい音がするでしょう。宝の持ち腐れにならないように頑張って欲しいものです。

後輩その2の弓はそれより安いそうですが、本人の力みすぎ+楽器との相性が悪くてひたすら爆音。

先輩の弓は12万円。これはプロの方が使っていたものを中古で買ったそうなのですが、先生も絶賛する優れもの。上品な優しい音がします。先輩はゴリゴリ弾くタイプなので、中和されていてぴったりな気がします。

何事も相性って大事ですね。

4年生の私が買うのは恐ろしく今更な感じですが、ちゃっちい弓にこれ以上我慢できないのも事実。

 

最近、後輩男その1が怖い。

何かに取り憑かれたように、一言も話さず一心不乱に練習をしています。

この豹変ぶりはなんだ。

そんなに私からトップを奪還したいのか。

いや、だから奪ってないし。

今日は一段と機嫌が悪かったようです。

後輩の女の子はオフが空けてからまともに会話をしていないらしいし、後輩男その2は怖くて話ができないっていうし。

かくいう私も、その刺々しい返答に傷心気味。

まぁそれは今に始まったことじゃないので気にしない。

こわこわ。

そんなに孤独が好きか。いや、傷つくのが嫌なんだな。

「パート練習はトップの仕事だ」って言うんだったら、前期はどうしてやらなかったの。

パート練習をやらないのも、自分を否定されるのが怖いからでしょ。

だから沈黙という名のバリアを張る。

怖気づいてるのが分かる。

見てれば分かる。

 

夜も更けた午後7:30、ようやく後輩2人に思いを伝えられました。

吹奏楽で求められてきた弾き方と、オケの弾き方って違うんだよ。もう少し響きを大切にしようね。

言いたいことは多々ありますが、今日はその二点を。

 

私のように楽器を変えてオケに入った場合はオケ仕様(?)の弾き方で育つのですが、コントラバス経験者は吹奏楽で育った者がほとんどなのです。

吹奏楽では頭打ち・全音符がメインで、テューバに対抗すべく力強くガリガリ爆音をかき鳴らす傾向にあります。

でもオケの場合はメロディーも高速パッセージもあり。爆音はふさわしくない。

ガリガリ弾いていたら、もちろん高速パッセージなんて間に合いません。

私と2人のコントラバスキャリアはほぼ同年ですが、育った環境の違いはあまりにも大きい。2人と私の弾き方を見て、本当にそう思いました。

先輩もその点を苦労したそうだし、彼らは弾き方を根本的に見直す必要があるんだな、と思いました。

彼らは自分を否定されることを嫌い、信念を曲げたくないタイプなので厄介ですが、これまで半年もオケにいたし薄々気付いていた様子です。

あとはこれからの先輩の指導次第。

って私か。

後輩その1には指導方法が分からない、と言われたし、薄っぺらい音質の事でもがき苦しんでいる最中。

だからって他人に押し付けるのか。

 

 

帰り道

猫を見つけて

急ブレーキ

|

« もはや罪悪感すらない | トップページ | N3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もはや罪悪感すらない | トップページ | N3 »