« 中国一日目。飛行機と本格四川 | トップページ | 中国三日目。九寨溝その2 »

2007年8月10日 (金)

中国二日目。九寨溝その1

Dscn2596 今日の朝は早い。

 

驚くことなかれ。

 

モーニングコール4:00

朝食4:30(あまりにも早過ぎて粗末な食べ物しか用意されていなかった。写真参照)

出発5:20

 

10時に就寝したので睡眠時間は6時間あるはずなのに、夜に飲んだ酔い止めがまだ効いているのか劇的に眠い。

なぜこんなにも早いのか。

それは朝一番の国内線に乗って九寨溝へ向かうためです。

フライトは一日に何本もあるけれど時間通り飛ぶことは滅多になく、後ろの便になればなるほど遅れていくのでロスの少ない朝イチに乗ることにしているのだそうです。ははぁ。

でも今日は時間通り7:00に飛行機が飛び(これは奇跡だそうです)、無事九寨溝の空港に到着。

Dscn2600 この写真は九寨溝の入り口。海抜1990メートルと高地なので、早速頭痛が。最大級にガンガン。最悪。

でも必死で観光しました。

 

そもそも九寨溝とはどんなところなのか。

四川省の北部に位置していて、もともとはチベット族の集落(=寨)が9つあったことからその名前が付けられました。

Y字型に流れる大きな溝からなり、その各溝に沿って大小100以上の湖や滝が存在しています。その湖がただ者じゃない。底まで見える透き通った湖や、エメラルドグリーンの湖などなど、信じられないくらいきれいなのです。

一つ一つの湖には「○○海」という名前が付いています。なぜ「湖」ではなくて「海」なのか。

山奥に住んでいる人は海を見ることができません。そこで、この湖たちを「海の子ども」と考えたのだそうです。だから正式な名前は「○○海子」なんだとか。

Dscn2626 このツアーでは、九寨溝を2日かけてゆっくり観光します。今日はその一日目。

見たのは諾日朗瀑布(幅300メートルと、最も大きい滝)、犀牛海、老虎海、火花海など。

写真は犀牛海。湖面が鏡のようです。

最後の方で雨が降り出してしまったので、あと一つの見どころをショートカット(というか明日に延期)してホテルへと向かいました。

 

Dscn2653 今日・明日は同じホテルに連泊。この旅の中では最もグレードの高いシェラトンです。

部屋がこちら。

うん、さすが。英語が通じなくて困ったりもしたけど、昨日のホテルとは全然違う。といっても日本の普通(よりはちょっと豪華)のホテルと同じくらいの感じなのですが。

敷地もものすごく広くて、宿泊棟が2つ、その中央に劇場がありました。これ全部でシェラトンか。下手したら私の大学よりも広いんじゃないだろうか。五つ星はやることが違うぜ。

 

夕飯はバイキング。超豪華。インディカ米で作られたお寿司もあり、私はもちろんサーモンをいただきました。あ、かなりおいしい。山奥なのに意外。

 

食い意地は張っているのですが頭痛が全然治っておらず、やっぱり今日も早めの10時就寝。

|

« 中国一日目。飛行機と本格四川 | トップページ | 中国三日目。九寨溝その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国一日目。飛行機と本格四川 | トップページ | 中国三日目。九寨溝その2 »