« それも有りな世の中 | トップページ | その終わりは見えるのか »

2007年9月17日 (月)

神に代わるもの

070917_21400001

久しぶりに、後輩(社会学科3年)と真面目トークした。

まぁ最初は「凸凹教授コンビについて」っていう下らない話をしてたんだけど。

「ノミに心臓はあるのか」っていう議論も交わされたけど。

社学は虫の構造よりも行動に興味があるんだもんね。

そんな学問の秋なコントラバスパート。

 

しかし、午後2時。

後輩男その2から「素で寝坊しました」っていうメールが来た瞬間、パート部屋は一転して笑いの渦。

「素で」って何よ。

あっ、今までの寝坊は故意だったのか!!

 

 

夜、コントラバスOBであるMさんが来ました。今度の冬定にトラで乗ってくれるから、ちょっと弾きに来た…というかご飯を食べに来た…というか。

Mさんの同期のヴァイオリンOBも2人来ていたけれど、今日は母&妹が金沢から帰ってくる日。「駅弁買ったから」っていうメールを見てしまったら、断るしかないよね。

 

「神は信じないけど、神に代わるものが自分の中に存在している」

私にとっての神は何だろうね。

|

« それも有りな世の中 | トップページ | その終わりは見えるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それも有りな世の中 | トップページ | その終わりは見えるのか »