« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

タイトルのある人生を

080131_20570001_2朝ごはんを食べていたら、強烈な吐き気に襲われました。

吐き気っていうか…?

異物の拒絶。

例えば土を食べたような。

これまでの気持ち悪さとは違う。

新規開拓。

 

キャリア支援課に行きました。

電話かかってきちゃったし(ここで無視しないあたり真面目でビビり)。

進路決定届と内定届(後輩のための閲覧用でもある)を出しに行かねば。

就活体験記なるものの作成を依頼されました。

全てが終わった後、奥の部屋へ連れて行かれました。

何の面談か!?

と思いきやゴソゴソしだす担当S。

まず新品のビニール袋を私にくれる。

大きなビニール袋を差し出し、「遠慮はしないでガバッと取っちゃって。落っこちた分はナシね」と。

…つかみ取り?

っぽい。

それから大型のお菓子をいくつも取り出し、「これもね」と。

Sさん、こんな大量のお菓子を買ったんだ…。

 

 

リズム感とか音感とか、先天的に感性のある人はすぐわかる。

多くの人は後天的。

そして私は持ち合わせていない(笑)。

| | コメント (0)

2008年1月30日 (水)

切れのある人生

080130_18430001_3プロフィールにもある通り、写真を撮ることが好きです。

本格的なカメラじゃなくて、もっぱら携帯のカメラですが。

それを整理してたんだけど(写真参照)、こう見ると綺麗。

青が目につくから、空の写真が多いのかな。

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

禁じられたwww.

昨日妹がいじって電話は復旧したものの、相変わらずインターネットが全く使えません。

はぁ。

これだけの情報化社会の中でネットから遮断されると、一抹の不安を覚えます。

最近諸々の事情により使ってなかったとは言え、相当漬かってたんだなぁ。

 

昨日auの春モデルが発表されてました。

欲しい!

カシオが欲しい!

二軸ヒンジ・ワンセグ・防水・EXILIM

理想的~(o^▽^o)

イメージ画像は携帯の狭い画面でしか見てないんだけど。

だからこそ余計ネットで見たかったんだけど。

あぁー!

制限される時ほどやりたくなるのは人間の性。

 

明日は技能のみきわめです。

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

4色の可能性

080128_16560001_2左右を器用に使うのって難しいね。

指先だけなら得意なんだけど。

っていっても指の集合体で動かしてるわけだし。

何とかなるでしょう。

 

7号館のゼミ机をガンガン叩いて、パソコンでYouTube見て、出来そうな気がしてきた。

ちょっと楽しくなってきたわ。

っていうか木管組は天才肌…。

 

自分の感情を素直に表せるのって、すごくいいと思う。

憧れでも好意でも。

私には難しい。

だから4年間で初めてかもしれない勢い。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

ひゃくてーん

080127_14570001_2仮免効果測定なるものを受けに行きました。

要は学科の模擬試験。

ただし合格のボーダーが高い。

90点以上を2回。

はあぁ。

自動車ってナカナカ乗れないのね。

 

って思ってたんだけど、100点取っちゃいました。

わあい\(^_^)/

 

これで次はみきわめだ

っていっても超バカなことをしたせいで乗るのは30日なんだけど。

もともとは明日の朝一番に予約を入れていたけど、受からなかった場合を考えて効果測定を受ける前にキャンセルしちゃった。

効果測定に受かって予約を入れようとしたら、もういっぱいになってんのΣ(°Д°;)

バカー!

 

それはそうと、我が家はついにインターネットが使えなくなりました。

正確には電話も。

いつものように父と電話で話をしていたら突然ブチッと切れて、それきりです。

先日ADSLから光に変えたのですが、ルータを見ると電源が落ちてる。

一度は回復し再び父と話をするも、再度切れて、二度と回復していません。

私のパソコンのウイルスバスター更新がうまくいった途端にコレだもんなぁ。

これから先かなり困るんだろうな(だいぶ呑気)。

電話料金でも延滞してるんじゃなかろうか(笑)。

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

空では生きられない

午後は図書館へ。

その前にネットで蔵書検索したんだけど、Nの演奏会でやる音源がマイナーすぎて扱ってない。

アンコールを含めた6曲中、半分は有名な曲だしやったこともある。

残り半分が未知の世界。

耳コピーが得意な身としては、あの難解な曲もCDを聴けば一発なんだけど。

Nの方のメンバーに囲まれてみて、意外にも私は譜読みが苦手だということが分かった。

聴いたことのある曲と、初めての曲で周りの人たちと差がありすぎる。

 

閉館時間まで図書館にいて、CDを聴き漁りました。

ほとんどがバッハでした。

やっぱり好きだな。

 

夕飯後、読書開始。

卒論の参考文献以外の本を読むのは何ヶ月ぶりなんだろう。

あ、月初めに金沢行った時以来か。

意外と近い。

 

昔から親にも言われてきたけれど、本を読むスピードが速いです。

読んでるのか、読んでないのか、読んでるのか。

どれだけ飛ばそうが、内容は頭に入ってる(と信じたい)。

読んだのは森博嗣の小説。

この人の作品にに手を出すのは初めてじゃないはず。

所用時間は50分。

一気にいきました。

 

3年の後期になって、文章を粗末にしすぎかもしれないと思い始めました。

作者がこの本にどれだけの時間を費やしたのかは知らないけど、もっと味わって読むべきなんじゃないだろうか。

落ち着いて一字一句を浸透させるべきなんじゃないだろうか。

そういうことをしてないから、考えない人になってるんじゃないだろうか。

そう思うんだけど、やっぱり速読の癖は治らない。

いつからこうなってるんだろうか。

それともこれを夢中とか集中力っていうんだろうか。

 

やっぱり書き方や考え方が似てる。

こりゃ相当影響受けてるんだな。

彼女は誰よりも大人のようで、雲の上の人のようで、結局は単なる模倣に過ぎなかった。

 

そういえば似てる気がするけど、あっちは大学で進化したと思う。

 

 

当人が言うほど大袈裟なものではないと思うけど、努力したんだよね。

一度は確実に挫折したんだから。

素直にすごいと思いました。

よかったね。

| | コメント (0)

2008年1月25日 (金)

最初から急ぐことを知らない

080125_13180002_2お待ちかねの急発進&急停車。

教習初期から得意としていたこの項目。

でもまともにやらなかった。

段差と急発進をちょろりとやって、あとは総復習。

つまんなーい。

最短でみきわめにたどり着きました。

 

夕方からはN響。

今日は前半+木星なので楽。

というか、パートソロがあるあの曲以外は基本的に簡単。

やっと、Nの方の楽器の特性を理解しました。

Tuttiだと、嬉しいことに自分の音がよく聞こえない。

だから感触でなんとかするしかないんだけど、ちょっとわかってきた。

基本的に浅い響きだけど、低音になるに従って意外な深みが出てくる。

下の弦2本は弾きやすい。

ポジションはG線が全然違う。

 

パートのクールビューティーな方がお子さん2人を連れてきました。

か…

かわいい!!

こういう時は目線を合わせて

「いくつ?」

と聞く。

お姉ちゃん「(指で4)」

弟君「(指で4)」

双子かい!

いや、弟君が2歳サバよんだのだ(笑)。

病院バイトをやっていたおかげで、子どもに対する免疫ができました。

前だったら私がお母さんの陰に隠れる勢いだわ(笑)。

バイトの賜物です。

大人になっても、ここのことを覚えてるかなぁ。

 

私の一番古い記憶は2~3歳。

母が免許取得のために教習所の託児所に預けられた時。

社宅の庭から干してある自分の布団を見た時。

部屋の中とお風呂。

このあたりだろうか。

もっともっと、いろんなことがあったのに、覚えてない。

それは寂しいことなのです。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

牡蠣のスランプ

080124_21010001_2縮んだり破けたりしたら元には戻らない。
そういう世界だって知ってた。
でもさすがに多すぎるんじゃないの?

ショック。
しょんぼり。

出るか、引っ込むか。

 

私のエゴだし、勝手な感情だったから表に出すべきじゃない。
でも、葛藤してたんだよ。
でも、分かってくれてたんだね。

それが救いであり、泣きそうな原因でもありました。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

それゆけ健康診断

080123_12590001午前中、健康診断に行ってきました。

自分の健康に不安を感じているのではなく、会社からの強制です。

本当は月初めに内定者召集があり、そこで全員受けるはずでした。

でもサボりました。

内定者と一緒に健康診断なんて、これ以上面倒で嫌なものはない。

火曜日だったので口述試験が入りそうだったという、きちんとした理由もあります。

 

予約した病院は、かつて通学していた高校の真向かい。

自転車で15分。

なのに。

 

080123_12420001雪だしね!!!

よりによって今日かい!!

バス時間は中途半端だった。

雪が冷たすぎて指がなくなるかと思った。

私は結構間が悪い女です。

ちなみに写真中央に写っているのは母校です。

 

 

病院は私が高校在学中に改築されたので、とんでもなくきれいです。

いえ、実は初めて入ったのですが。

広すぎて、最初の目的地・採血センターに到着するまでに5分は迷いました。

 

採血中に針をずーっと見てたら恐ろしくなりました。

遠い昔に妹から「針を刺して血を抜く行為は蚊と一緒」と励まされた記憶があるけど、サイズが違うでしょう。

刺さってる!

抜かれてる!

やだー!!

こんなのはまだ序の口で、手術を見ちゃったら卒倒するに違いない。

人間ってすごいことを考えちゃったんだなぁ。

怖い存在だね。

4月からは、そんな世界に乗り込んでいくのか。

 

 

13時すぎまでかかって全ての項目をクリア。

再び銀世界へ舞い戻る。

あれ、雪強くなってない!?

傘に雪が積もって重たいっ(`´;)

でもきれいっ(☆o☆)

というわけで、一番上にあった写真は雪on傘。

ビニール傘だから、光が射し込んできてきれいでした。

 

今の高校1年生は、もう2世代下なのか。

同じ青ジャージ着てるのか。

私もかつてはここに毎日通ってたんだよ。

 

 

身長伸びないなぁ。

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

久しぶりで最後

080122_12080002

しばらくぶりです。

マイパソコンのウ○ルスバスターアップデートが上手くいかず、インターネットから遠ざかってます。

どういうわけか携帯からのログインもできないし、だったらメール投稿だ、と思っても文章打ってるうちに寝ちゃうし。

でも今日は一大イベントがあったから、頑張って親パソコンで。

 

今週の日曜日にはなんとかしてみせます。

教習は順調です。

今週末にも仮免許取得(予定)です。

 

 

このカテゴリーでブログを書くのも久しぶりで、恐らく最後。

今日は卒論の、そして4年間の最終段階・口述試験。

 

心配性の私は情報収集も兼ねて9:30に大学着。

レジュメを印刷してからゼミ室に行ったら、トップバッターY君が廊下でウロウロしてました。

っていうかさっきまでゼミ室にいたよね?

見えてたよ(笑)。

 

Y君「副査分かった?」

S「分かんない」

Y君「他のゼミは教えてもらってるのに不公平じゃね?」

とか言ってるうちに、主査S先生登場。

 

S先生「副査の先生はほとんど来ないようですね。人によってはまだ分かりませんが。

ゼミの時に散々脅しちゃったから、皆に『安心していいよ』ってメール送ってもいいですよ(笑)」

オイオイ。

 

そうこうしてるうちにY君の開始時間。

副査…来ず。

うらやましー!!

Y君「副査やる?(笑)」

S「あ、イイね(笑)」

なんちゃって。

 

副査も自分のゼミの主査があるから、ほとんどがペーパーのコメントみたいです。

ホッ(´`)

とはいえ卒業のかかってる口述審査。

準備のため、空いている隣室へ。

なに突っ込まれるんだろう…(゜v゜;)

ドキドキしてきた…。

論文の主旨が分かんなくなってきた…。

 

開始10分前、覚悟を決めて廊下に出る。

 

 

私の目に飛び込んできた光景。

 

 

ゼミ室の前にヒトが…!

 

 

私の副査と思しき人物が…!

 

 

O教授が…!

 

 

キター!

 

半数以上がその場にいないと言われている副査。

いるんですけど( ̄Д ̄;)

 

ここで勘違いしないで頂きたい。

OはOでもオー屋ではない。

オ川でした。

残念。

↑分かる人は分かる。

 

卒論の内容を鑑みるに、副査が彼であろうことは予測していました。

他に私の論文に近いことを研究してる教授がいない(彼も決して近くない)。

それに不思議と縁があってねぇ。

1年次の基礎ゼミ(ランダムで振り分けられる)担当だったり、3年次に研究室へレポート提出しに行ったら偶然彼が出てきてお茶に誘われたり。

なんとなく、あの人が来るな、って思ってました。

これだけ長い付き合いだから、特性も理解しています。

雑談は優しくゆるやかに、演習は厳しくこまやかに。

このギャップがすごいのです。

1年次の夏からこの本性が現れたのですが、最初は縮み上がったなぁ。

だからって最後の最後であなたですか…。

最初も最後もあなたですか…。

意外に大事な場面での伏兵O。

 

審査自体は特に問題もなく進みました。

オリジナリティがあって、文献研究がよくできていて(なぜかいつもこれをイチオシする)、まとめ方が論理的だと評価されました。

フィールドワーク→理論修正のフィードバックができていない点が惜しいと言われました。

「そのレベルは院生でもなかなか難しいのよね」「そうですね~」

それを学部生に要求するのは…二人とも酷くない?

でも、私が何かおかしいって思ってたのはそこだったんだ。

囚われすぎたんだね。

きれいに分けられるほど、世の中はきれいじゃないし甘くないんだ。

今更だけどすっきりした。

上記の修正点を含めて、院進学を勧められました。

冗談だと思いますが。

 

しかしなかなかぎこちない雰囲気で、審査されてるコッチが笑っちゃったよ。

なぜなら、先生たちが初対面。

且つ、「今年度だけの非常勤」「副査」という微妙な立場同士なので、

「あ、私がコメントしてもいいですか…?」

と遠慮がちに、でも鋭く突っ込んでくるのです。

あまつさえ最後には、

「ご挨拶が遅れまして…」

「こちらこそ…」

ペコペコ

なんて大人の世界が繰り広げられる始末。

なんだこの空気。

何しにここに来たんだっけ?

 

 

今のところ、同じゼミで副査が付いていた人はいません。

Y君、私と入れ違いのOさん、お昼を食べに行ったレストランで会ったMちゃん、皆いなかったそうで。

っていうか、社会学科の中で副査が付いていた友達がいない。

大分ツイついてない。

 

 

S先生、O教授と会うのも久しぶりで最後。

卒論と向き合うのも久しぶりで最後。

そういえば。

 

 

卒業はできるでしょう。

単位計算を誤っていなければ。

算数苦手なんだよなぁ。

 

 

楽器弾きたいなぁ。

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

ジャンケンの違反

口述審査を明日に控え、同じゼミの子と副査が誰なのか情報交換しつつレジュメを作る。

うちのゼミだけ教えてもらってないのかなぁ…。

不公平すぎる!!

 

そうそう、この前教習所であった高校の友達が、めでたく卒業できたようで。

早いなぁ。

私もいつか卒業できる日は来るのだろうか…(笑)。

 

後出しは、してはいけないことだと分かってるはず。

機会は平等に与えられてるんだから。

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

スピード狂

今日も元気に教習所。

教習簿には見通しの悪い交差点・踏み切りの走行と書かれているものの、既に前々回の教習でやったもの。

つまり、今日は全体的な確認でした。

無線で引っかかったS字はパーフェクト。

ただし左折や左への進路変更の時に右を目視してしまうことが発覚。

所内が右折ばっかりだから癖がついちゃったのかな。

それから、意外にもスピード狂っぽいです。注意されました。

次の技能はお得意の急発進・急停車。

それが終わるとみきわめに進みます。

が。

私はまだ学科試験を受けていないのです。

90点を2回叩き出さないとみきわめを受けられません。

よって今日は、残り1項目になっていた学科教習に励みました。

これを終わらせて、さっさと試験受けよーっと。

 

明後日は卒論の口述審査。

昨日の深夜に友達から言われるまですっっっかり忘れてました。

教習所なんかに通ってる場合じゃないんだろうけど、今日を逃すと受けたい学科教習が再来週の月曜日まで受けられません。

だから、迷ったけど学科教習を受けて帰ってきました。

 

何もしてないんだけど、いいのかなぁ。

何を聞かれるんだろうなぁ。

たぶんレジュメが必要。

でも昨年末のゼミで模擬口頭試問をやった時に作ったから、それを流用するつもりです。

副査は誰なんだろう。

明日は教習所を休んで、口述審査に備えます。

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

大人の速度

080118_14570001_2教習所で、高校吹奏楽の友達に会いました。
やっぱりいるんだねぇ~。

 

さて、今日はうまくいけば遂に無線教習。
無線教習とは、教官が自動車には乗らずに別室から指示を与えるという、文字通り離れ業。
しかも指示は経路を間違えた時のみ。

無理だろ!!
所内で大事故起こしちゃうよ!!

なのに、1時間目の教官がよっぽど甘かったのか一発で無線へ。

コースをあーでもないこーでもないと模索して、13時から無線教習スタート。
無線室でコース説明を受けてから、完全に一人で自動車へ。
言われたこと、意外と覚えてるじゃん。

しかし、このまま終わらないのが私です。

あ、あれ???
次どっちだっけ??
クランクにはどうやって??

慌てた私は時速5キロでウインカーを出したり消したり。

所内でプチ渋滞を発生させました(笑)。

自動車にしろN響の練習頻度にしろ、大人の速度に慣れなきゃいけないな、と思いました。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

五つの散文


今日は教習所が休業日。
一日運転しないだけでダメになる気がする。

初めて全員が集まった4年会。
行きつ戻りつ。
でもちゃんと仕事してるなぁ。
頑張ろ。

大宮方面3人組とエスケープ。
キャラメルチーズケーキは濃厚。

「鹿男あをによし」
去年5月の奈良・京都旅行のお供がこの本でした。
最初が分かりにくいけど、ドラマって最初が肝心だからなぁ。

 
やっぱり実際行ってみないとわからないことっていっぱいある。
だから何にせよ行動って大事。
試しにやってみるって大事。

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

私は動かない

3日連続の朝イチ教習所。

2連続で乗りました。

狭い道の通行やら交差点の通行やら。

でも今まで散々通ってきているので、復習というか確認という感じ。

どうも視線を移動させるのがのんびりみたいで、申し送りの蘭に「視線移動速やかに」と書かれてしまいました。

一点に集中してしまうことはないようなので、まぁ良しとしますか。

 

夕方からは会社に行ってきました。

この前の内定者招集をサボった…いえ、学業上の理由により欠席したのですが、今回は珍しく追加招集がかかりました。

本人が行かなきゃいけない、重要な内容らしい。

 

行ってみたら、同じように欠席した子が5人いました。

ただし私と違う点が一つ。

全員、薬事関連職。

国試の勉強で欠席したっぽいです。

薬学部の人は、今相当大変みたいだからねぇ。

サボりですいません。

薬事の子はほとんどが休んだのかな。

他の日も設けてあるらしいので、これで全員って事はないだろうし。

 

っつーか話わかんねー。

 

招集の内容は、会社のクレジットカード作成、自宅から近い営業所を申請、卒業確定と卒業式の日取りをお知らせ、入社後の日程説明でした。

出張などで金額が大きいときは、会社のクレジットカードを使うんだそうです。

へー。

これまでカードを持ってなかったからなんだかドキドキする。

自宅から近い営業所は、住所と最寄り駅が載っているリストを見て判断。

自転車で行けそうな行けなさそうな所に営業所があり、そこが一番近いのかな。

卒業云々は、確定したら卒業式に祝電を打ってくれるらしいです。

まぁ「他にも多数届いております」って省略されるだろうけど。

入社後の日程は、一番知りたかったこと。

3週間神戸で集合研修かと思いきや、全然違った。

良い方に。

4月1日入社式→千葉で8泊9日

14日→職場実習4日間

21日→神戸で8泊9日、30日に配属先決定

5月7日→仕事スタート

 

集合研修をしている間の土日は当然休みにはならないけど、次の週の木金に振り替えてくれるらしく4連休や3連休が生まれました。

すごい。

研修の内容はよく分からないけれど、服装はパーカーとかウインドブレーカーとかジャージとか、とにかく動きやすいものらしい。

最後の方はバスケやったりもするらしい。

ひょえー。

ついていけるかな。

 

研修センターはホテルみたいな感じらしく部屋は個室、所により相部屋。

でも人数が多すぎて、男性は近くのコテージで宿泊するらしい。

哀れ(笑)。

 

社会人になる準備が、着々と進んでいます。

正しくは、外部から着々と進められているのですが。

当の本人はまだまだ学生気分、というか学生で、置いて行かれているようで流されているようで。

かといって孤独を味わっているわけでもなければ激流に飲まれるでもなく。

 

今の時期、主体的に社会人の準備をしている人ってどのくらいいて、具体的に何をやってるんだろう。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

背中があったかい

教習3日目。

眠くて家から出るのが躊躇われたけど、「じゃあ何のために早起きしたのか」と考えるとたやすく外出できます。

午前は学科を2つ。

重要なところで声を張り上げるよ~という教官で、前から2列目に座っていた私は耳が痛くなりました(ホント)。

午後は技能を2つ。

でもそれまでに3時間の空きがあるので、マックに向かいがてら自転車修理。

以前タイヤの空気が完全に抜けたまま3週間ほど走行していた罰が当たったのか、空気を入れても入れてもたった2時間で抜けるようになってしまったのです。

調べたら後輪が2ヶ所もパンクしてたそう。

道理で…( ̄  ̄;)

修理をしている間にマックで食べる計画だったのですが、その場ですぐ直してくれました。

ま~よく喋るおじちゃんでした。

教習所のバッグを見てすかさず「どんぐらいまでいったの?」と。

「始めたばっかりで、昨日初めて実車に乗りました」

「え、今4年生?遅いよー!

あんた長女だろ。のんびりしてんだよなぁ。家も長男はダメでさぁ…」

 

教習所が近くにあるからなのか、息子の年齢が近いからなのか、エラく話が合う(笑)。

パンク修理に加えてカゴも修理してもらい、「早く取るんだよー」とはっぱをかけられて自転車屋を後にしました。

 

マックではひたすら教本とにらめっこ。

エンジンのかけ方、発進・駐車の仕方を復習。

昨日の鬼教官たちの言葉がよみがえって落ち込む。

今日の項目:坂道と狭路(いわゆるS字カーブやクランク)を教本で予習。

昨日思ったけど、本気で予習しないと教習にはついていけない。

予習なんて大学2年の英語以来だよ…。

 

快適な自転車に乗って教習所にリターン。

はて、1時間目の教官名に見覚えが。

教習簿を見たら学科を2時間も習ってるのに、顔が思い出せない。

停車場に行ってみたら…。

あー!!あのライダー系教官だっ!!

あなた自動車にも乗れるのね(当たり前(笑))。

ひらめいた、ゴ○ゴ松本にも似てる。

 

ライダー系には学科の模擬試験について「さっさと受けろ、教習所はのんびりする所じゃない」って散々脅された覚えがあります。

教習始まる前からビビる。

いつの間にか後部座席にもう1人教官が乗ってるし。

あなただれ!?

私の教習態度が問題!?

助けてー(´□`。)

 

と思ったら、ライダー系が意外にも褒め上手だった(笑)。

バックは簡単(一直線だから)。

復習である右左折を完璧にクリアし、それをわざと失敗したあとの後進のハンドル捌きもパーフェクト。

狭路も一発OK。ただし助言つきで。

坂道はやることがいっぱいあるらしくオタオタしそう。

でもいっぱい褒められた~(^^)

特技の急ブレーキも昨日よりはマシになったし、時速40キロも出せるようになった。

車両感覚もそろそろ身に付いてきたっぽい。

自分で停車場に駐車もできた!

今日は楽しー。

 

2時間目は初めてのK教官。

歩き方からしてだいぶ年配。

自分の世界を持ちすぎていて、ちょっと入っていけない。

坂道と狭路を徹底的に教習。

坂道ではさっき言われた色々なことを自主的にやろうとするも、漏れがあったりする。

忘れることはいつも同じ。

狭路はアドバイスなしでやるとやっぱ難しい。

クランクは問題ない。

S字カーブは視線の方向を間違えなければ行けそう。

 

今日技能教習をしてみて、自動車を運転することにだいぶ慣れたな、と思いました。

当然まだまだなんだけど、昨日と比較してみるとスピードを出すことへの恐怖心やハンドル操作が全然違う。

余裕はないけど、質問くらいはできるようになった。

昨日は教習後にマジ泣きしそうだったけど、今日は楽しかったです。

イカン、油断禁物。

 

明日も朝イチから2時間乗ります。

予習して早く寝なきゃ。

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

ゆうがたのにおい

080114_12280001妹が祝☆成人式。

そのせいで早起き。

眠い。

 

 

今日も張り切って朝イチから教習:技能初日。

2時間やります。

車(もちろん助手席)に乗り込み、若干ヤ○ザが入ってるおっちゃん教官Iがアレコレ説明。

彼の運転により所内を一周して、

「じゃ、走ってみようか。運転席乗って」

…もう?(・・)

やっぱこんなもんなのか。

 

出発していきなり障害物による進路変更、続いて緩やかなカーブ。

ここらへんまでは所謂クリープ現象ってやつで走行。

「歩くより遅いじゃないの、自動車の意味ないよ」と業を煮やしたI教官から煽られ、直線で時速50キロ越え。

急カーブで曲がりすぎる。

「俺が手出ししなかったら自分でちゃんとやってるんだから大丈夫よ」って言われたけど、

2限目は鬼教官でした。

最初から喧嘩腰かい(笑)。

項目は右左折+信号。

あ、カーブより得意かも。

後輪は縁石に一度も乗り上げなかったよ(普通?)。

でもハンドル切れなくて前輪を突っ込んだよ(稀?)。

しかし信号。

「標示を見て習ったとおりに右折すればいいんだから」

って習ってませんから!!

おたおたしてる間に赤信号に変わってホッとしてたら、右折矢印がついてた。

 

2人とも「アクセル踏んで~踏んで~踏んで~」って言いすぎだから!!

踏んだらフェンス突き破って死亡だから!

なんで言い方まで一緒なんだ。

 

教官が厳しいのは、自動車の運転には多くの危険と責任が伴うからだと思います。

歩行者を初め、他の自動車や同乗者など周囲の人間に及ぼす危険と責任。

何トンもある重たい物が、時速60キロで走ってるんですから。

尚かつ、スピードの出し過ぎもいけないけれど、遅すぎても事故を引き起こしたりする。

初期のうちに、その辺をきちんと理解してほしいのでしょう。

 

 

昨日感じた通り、右足の操作が苦手です。

アクセルは音を聴けば分かるけど、ブレーキがダメ。

たまにゆっくり止まれるんだけど、基本は急ブレーキ。

鬼教官Kからの申し送りのところに「ブレーキ加減強」って書かれた( ̄Д ̄;)

 

明日は坂道発進とバックだって。

自転車の免許(名古屋の小学校にあった)は簡単だったなぁ(´`)

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

目指せ交通社会人

080113_07520001ようやくやって来た教習初日。

電車も止まる強風の中、自転車をかっ飛ばしたら9分で着いてしまいました(断じて寝坊したわけではない)。

 

朝から晩までフルに籠もりました。

まずは適性検査+学科1。

検査は眠くてボンヤリ。

ここで落ちたら洒落にならん。

 

次、トレーチャーという名のシミュレーション。

初めて触るハンドルにドキドキ。

右がアクセル・左がブレーキだということを途中で理解しました(教官は私達が知っているものとして進めてきた)。

また、急発進ならびに急停車が得意だということが判明(メーターを見た感じ)。

足元の操作がヘタっぴだという事かと。

アクセルに乗せるだけと言われた右足がつりそうでした。

 

そして学科を3時間連続で受講。

叩き込まれる知識の数々。

 

へぇ、あの行動にもちゃんと意味があったのか。

え、この場合って歩行者優先なんだ!皆守れよ!

つーかいちいち細かすぎ(Θ_Θ)

 

みたいな。

 

昼は不覚にも焼おにぎりだけ。

帰宅したらガソリン切れました。

 

学科を習った教官は、それぞれホントに個性的。

強引且つマイペース。

服装がライダー系(白いけど)で熱い。

やたら低姿勢。

脱線しすぎで授業延長。

 

この人たち、技能教習も担当してる…よね?

いつか一緒に乗るかもしれない…のか。

うむむ。

 

明日は早くもホンモノに乗ります。

同校卒業生の妹曰わく、しょっぱなからちゃんと走らされるそうです。

標識も標示もまだ分かっていないこの私が、車を動かす…!

楽しみなんだけど、文字通り自殺行為ではなかろうか。

まぁやらせてくれるって言うんだから、思いっきりやってみることにします。

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

書き損じた

080112_20320001お昼からの4年会。

集まったのは…3人(笑)。

でも、というよりだからなのか、ハイスピードで物事が決まりました。

急がなきゃいけないんだなぁ。

 

夕方からは、最後の定演反省会&納会。

反省会は、だいぶ活発に議論されていた気がします。

何回演奏会を重ねたって、反省点は出てくる。

でもここでの反省や意見って実際定演を経験しての「気付き」だから、それを改善することが大事。後輩たちには頑張っていってほしいと思いました。

 

新年総会は次期執行の承認なので、卒業間近の4年生は退散。

隣室で、今日まで執行を務めてきた3年生へ色紙を書きました。

やっぱり一番長く付き合ってきた後輩だから、色々浮かぶ。

 

続く納会では、新しく現れた4年に対して4年会の報告。

二次会と称して再び4年会。今度は5人で。

あぁ~。。

お腹空いたなぁ。

やっぱりケーキ食べればよかった。

 

今日は一日中4年生と一緒にいました。

今更下級生と絡むな、ということか。

 

 

明日からちょっとした新生活がスタート。

始まった途端に終了しそうだ。

なによりも、起きられなかったらどうしよう。

何をどこでやるかも把握してないな。

まずい。

年度内取得を目指してガンガン通います。

免許です。

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

ヒヨコの弾き初め

ヒヨコの弾き初め
今日はめでたい弾き初めat N。
めでたいのはいいが、ダブルハイGまで出てくるブリテンのパートソロをなんとかせねば。。と30分だけ自主練をして挑んだTutti。
まだまだ勝手の分からない、初々しい私。
でも、いつものようにパートの方々が助けてくれるはず。
ね。
 
あれ、10分前だけど誰も来ない。
 
来ない。
 
そういえば前回の練習でベースは0人だったんだってね。
 
嫌な予感。
 
誰も来ない。
 
あ、もうチューニングですか?
 
誰も来てない。
 
ひとりーー(;▽;)
 
ぎゃおん。
 
孤独を味わったのは、譜面づらが一番簡単そうに見える弦楽曲。
弦アンサンブルを弦全員でやる感じの曲を、みっちり1時間Tutti。
他の曲に比べれば簡単。
でも丸裸〜♪

良いんだか悪いんだか。
 
出入り口の扉が軋む度に振り返り、大型の弦楽器が見えた(T□T)**
と思ったらチェロでガッカリし…。
の繰り返し。
ソワソワする(´m`)
 
この曲はバッハの時代に作曲されたもので、私は大好きです。
先生曰わく、天使が見えそうな感じ。
 
あぁ〜(´`)。o〇〇
 
確かに見えた。
昇天した(笑)。
 
ものすごい経歴をお持ちの方々の中に一人でいると、音も気持ちも萎縮するなぁ。
歳もキャリアも音も赤子同然です。
「あの新入団員は使えねぇ」と思われたに違いない。
つーか唯一練習したブリテンやらなかったしね!
今日は前半の曲だけだって、遥か昔に配られた予定表に書いてあったヨ。
 
まぁ日曜日から教習も始まって生活にメリハリがつくだろうから、今よりは練習するでしょ。
来週は上手くなって再登場してやる。
 
 
なんだろう、見ててムズムズするような。
でも自分流を持ち出してはいけないと思う。
ここが我慢のしどころなのかもしれない。
 
 
そろそろ忙しくなりそうな予感がする。
先に待ち受ける色々なことを考えると、ちょっとワクワクしてきた。
そうか、これが生きてるって感じなのか。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

正午起床トリオ

071121_16020001先月の定演本番以来、久しぶりに大学に行きました。

まだ試験期間じゃなかったんだ。

 

4年会は相変わらずな揃い方。

間に合うのか。

まぁ上手くやれば大丈夫なんだろうけど。

 

見通しが立ったので、後半はほとんどピアノを弾いてました。

触るのは久しぶりだなぁ。

初めはクラシックを弾いてたけど、気付いたら耳コピの曲ばっかりでした。

聴いた曲を再現するのが得意なんだよね。

小さい頃は先生が「次はこの曲だよ」って弾いた手本をその場で再現したり、覚えたせいで家に帰っても練習しなかったりしたから、親が「この子の前で手本を弾かないで下さい」とまで言ったというエピソード付き。

とはいえ絶対音感ではないので、所詮自己満足の世界です。

あ、あとはいろんな曲が楽譜なしで弾けて安上がりです。

 

私が暗譜を得意としているのは、やっぱりピアノをやっていたからなんだと今日思いました。

練習していた全ての曲において、暗譜することが最終的な目標でした。幼少期から、当然暗譜するものとして譜面があったのです。

そして、暗譜の対象が音の数が断然多いピアノ譜だったということも大きな理由だと思いました。

ピアノは一度にいくつもの音を出すのに対し、吹奏楽やオケで使う楽器はせいぜい1~2音。

圧倒的に少ないのです。

だから吹奏楽やオケ譜は簡単に覚えられるんだな。

 

 

朝から凝っていた肩のせいで、4年会の最中に頭痛が始まりました。

肩凝りは高校2年生の時からの持病です。

そもそも、左肩胛骨とその周りの何か(筋肉?)がおかしいのです。

左肩を回すと、ゴリゴリ・ガックンガックンします。

外れてるような感じで、変に痛いです。

こうなったのは楽器がアップライトからロータリーになった時期とちょうど重なっているので、いわゆる職業病かと。

しかし今日の痛さはすごかった。

左肩が取れるかと思った。

いつか肩が外れそうで恐いなぁ。

 

夜、部室に残っていた3人が揃って正午あたりに起床していると分かって、ちょっと面白かったです。

4年生ってそんなもんだよね。

いや、私以外の2人はダブルでバイトしてたりするんだよな。

こんなにダラけてるのって私だけじゃん。

ま、今週末からはいよいよ教習所に缶詰になるから、今のうちに乱れた生活をしておこうっと。

 

明日はNのTuttiなのに寒気がしてきた。

風邪か?なんとかウイルスか?

早く寝なきゃ。

で、午前中に起きなきゃ。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

両方正しい

080109_20470001今度こそ本当に、教習所に入校しました。

手際のよいおねーさん方に流されて、あっという間に予約が埋まる埋まる。

「毎日が日曜日」な生活が一変。

っつーか今週もう車に乗るのか!?

早くも生命の危機到来。

路上&高速教習を考えるだけで、手に汗をかきます。

生きて卒業できますように…。

 

高校生が多くて驚いた、そんな教習所でバイト先の患者さんを見つけました。

あっと、大変気まずい(笑)。

この教習所とあの病院って、よーーく考えたら一本道じゃんか。

飲食店の常連さんならまだしも、患者さんに病院以外で会うのは微妙です。

教習所にはこんな出会いもあるのか。

そのうち中学・高校時代の人にも会うのかな。

 

怠惰な毎日に新しい刺激が来て若干ワクワクしながら、コ○デカメラへ。

昨日母のお使いで現像を頼んだ写真を取りに。

 

あれ?

 

対応してくれてる店員(男)に見覚えがある。

長身でひょろっとしたこの感じ。

でも雰囲気は記憶がない。

誰…?

 

名札が目に入る。

 

ぉわーーーΣ(◎д〇)

 

高校吹奏楽時代の同期トランペット吹きっ!!

 

私の家からこんなに近いところでバイトしてたの!?

っていうかあんたの家遠くないの!?

 

卒業後は1度も会っていなかったまさかの男がこんなに近くにいて、度肝を抜かれました。 

但し、お互い「あれ、コイツ…だよな?」みたいになってたけど仕事中だから話しかけるのもためらわれていて、さらに2人ともイマイチ確信がなさげ。

さっきの患者さん以上に微妙〜な空気が流れました(笑)。

 

うぁ〜意外すぎる!

なんでいるのよ!

こりゃあ早速同期トランペット(女)2人に報告だっ(o`д´o)≡3

 

驚きを引きずりつつ、最後にバイト先へ。

なにやら11月分の給料を取りに来いとの電話があったのです。

そうか、11月にも行ってたのか。

すっかり忘れてた。

聞いたところ、夜の学生たちは今度こそ辞めずに一人立ちをしたらしい。

よって、ついに私はお役御免\(^▽^)/

就活でここを辞めてから早1年。

つまり、ピンチヒッターを務めること1年。

長かった…(´`)。

これまでのお礼第二弾をもらいました。写真参照。

熊がユーフォニウム吹いてる。

いや、これはテューバと捉えるべきか?

 

すごく狭い人間関係の中で生きてるのか。

それとも世界が元々狭いのか。

 

地球が地続きなように、人間も繋がっているんだなぁ。

| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

毎日が日曜日

ぐうたらな日常が戻ってきました。

途端にブログに書くことがなくなる。

 

昨日から大学が始まってるから、本来ならば今日はゼミがある日。

でも、卒論提出に伴ってゼミは終了するという取り決め(?)があるらしい社会学科。

うちは次の週である12月11日までやってたけど、模擬口頭試問は全員終了。

よって、何もありません。

用心して、欠席にしておいたのにな。

内定者招集。

 

いや、嘘。

今のは半分嘘。

 

今回の内定者招集は健康診断なのです。

嫌じゃない?

まだそこまで仲良くない内定者(それは私だけが感じているのか?)と一緒に健康診断だよ?

びっみょー。

色々面倒で、学業上の理由により欠席です。

ま、ホントにゼミがあるかもしれなかったしね。

 

時々、私は相当腹黒いなぁと思います。

ずるいこと、最低なこと、平気で考えて平気で実行します。

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

最終日

最終日
7時に起床して父を見送り、掃除&洗濯。
置き手紙を残して、5日間滞在した家をあとにしました。
金沢駅にあるおもてなしドームを、今日になってまともに見ました。
すごい物作ったよねぇ。

そして金沢駅でお土産購入。
当初考えていた金沢フォーラスでのショッピングはしませんでした。
この系列のお店は自宅近くにあるし。
何より荷物あるから疲れるし。キャスター付きにすればよかったと激しく後悔しました。

行き同様、新幹線への乗り換え時間が短くて焦りました。
まぁ皆乗るみたいだから付いていけばいいんだけど、芋洗い状態でした。
 
これで金沢観光は終了。
私の希望+母&父オススメを網羅しました(妹はマニアックだから除外)。
お刺身は値段がピンからキリまでのものを食べて高いものはよりおいしいという教訓を得、名物料理にも満足。
見所を全て回り、金沢が好きになりました。
バス代が高い以外は…。
 
埼玉での年末年始から今日まで父と一緒にいたわけですが、こんなに長く一緒にいるのは実に4年ぶりくらいでした。

不思議な感じ。
 
帰ってきて、やっぱり金沢は寒かったんだな、と思いました。
あっちは刺すように冷たく、こっちはぬるい感じ。
1月にしては珍しく天候に恵まれて手袋ナシでも出歩けましたが、これから益々寒くなるんだろうなぁ。
日本海側は大変だ。

やっぱりそれぞれの街には各々の成り立ちがあって、独自の景観を生み出してるんだなぁ。

そして、どう頑張っても新しいものと古いものが混ざり合うんだなぁ。

| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

4日目

4日目
観光最終日。
8時に起きたものの、眠すぎる。
父と相談して9時まで二度寝することに決定。
よって観光出発は11時。
母がいたら実現不可能なスロースタートでした。
 
まずは近くの図書館。新しくて、国連も絡んでる大きなところ。
雰囲気は地元の図書館に似てるけど、雑誌の取り扱いが豊富なのにびっくり。
 
そして、最後にして最大の名所・兼六園へ。
癒される~。
松から、コケから癒やしのオーラが放出。
いいところね~(´`)
 
昼を控え目に食べて、隣にある金沢城公園へ。
ここは昔、出入り自由の金沢大学だったんだよなぁ。父も30年前に卒業旅行で来たとか。五十間長家なんか石垣の上に木が生えてたみたいだから、林だったんだろうか。
それをこんな風に復元したり、保存したり。
不思議だね。
 
五十間長家にある昔を再現したという階段が急で、上りも下りも手に汗をかきました(^~^;)
菱櫓の技術に驚かされました。
よくまぁ再現できたよね。
床も柱もヒノキなどでできていて、木のにおいに再び癒される~。
 
といっても寝不足でやや具合が悪かったので、一旦帰宅して昼寝。
 
夕飯は再び外出して、食における最後にして最大の目的・金沢名物ハントンライスを食べました。
ハントンライスとは、オムライスの上にマグロフライ・エビフライが乗っている感じのもの。
昼を控え目にしたとはいえ、かなりのボリュームに四苦八苦。
でもなかなかない組み合わせがおいしかったです。
 
今日は初めてまともな時間に寝られそうです。
というのも、この家にはドライヤーがないので、髪が乾くのに時間がかかるのです。
ここ2日間は「のだめ→お風呂」という順番だったので、寝るのは2時から3時。
なのに起床が7時から8時ときたもんだから、父宅のはずなのに極度の寝不足でした(Θ_Θ)
あーねむい。
明日は7時起きだからサッサと寝よ。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

3日目

3日目


今日は天候の関係で午前と午後の予定を交換。
 
まずは妙立寺。
ここは職員に案内してもらわないと危険な寺。
隠し階段、落とし穴、思い込みを利用した逃げ道etc.色んな仕掛けがしてあるのです。
だから通称「忍者寺」。
次々現れるからくりが意外すぎて楽しーい(^□^)
 
お次は父の勤める支店に寄りつつ、金沢21世紀美術館へ。
現代芸術が展示してあるんだけど、正直意味不明。
これを芸術だと捉えるプロセスがもはや芸術と化す。
でも「レアンドロのプール(1番目の写真がこれ)」と「タレルの部屋」はよかったです。不思議な気持ちになりました。
 
昼は我が家で噂のレタスチャーハン。
うわ、おいしい!!
ご飯はパラパラで、レタスはシャキシャキで、蟹が豪快。
もし金沢に住んでたら、絶対この店の常連になるっ。
 
3日目雨も降り出した午後、東茶屋街へ。
格子戸&石畳の風情ある街並み。
タイムスリップしたみたい。
雑貨屋さんや茶屋もたくさん。
 
16時に帰宅し、17時に出発。
 
どこへ?
 
3日目小松空港へ。
 
(*_*)?
 
まだ帰りません。
誰も飛びません。
じゃあなんでよ(笑)。
父のマイレージが貯まっているので、それで夕飯&お土産をという魂胆らしい。
真っ暗且つ大雨の中、車で1時間。
 
空港には、出発する人、見送る人、到着した人。
そんな人々に紛れて、地魚の丼をいただきました。
お刺身の種類が多い!
9種類はあるんじゃないだろうか。
酢飯・かんぴょうとの組み合わせがサイコー(^▽^)
唯一の心残りは、ほとんどが何のお刺身なのか分からなかったことです。
 
最後に、わざわざ送迎デッキに上って、知り合いが誰一人いない飛行機をお見送り。
やっぱり相当うるさいんだなぁ。
 
帰宅して「のだめ」2夜目。
昨日に比べたら内容は暗めだったけど、相変わらずテンポがよくて飽きないなぁ。
キャストもはまってると思うし、様々な挿入曲も楽しむことができました。
 
 
2夜連続でのだめを見て、練習しなきゃって思いました。
練習したい、じゃなくて。
だって今週はNのTuttiじゃん。
12月から1月にかけて、大学オケが優先+正月休みだったからすっっっかり忘れてた。
激ヤバい。
帰ったらソッコー練習しなきゃ。
 
私はどうして楽器を弾いてるんだろうね。
そういえば前も考えたかな。

| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

2日目

2日目
今年一番早い、7:30に起床。
特に予定はないけど、やっぱり父を見送らなきゃね…。
朝食後は洗濯&掃除。
合間にテレビを見る。
自宅と全然変わらない午前中でした(笑)。
 
昨日の出発直前に年賀状が来た名古屋の友達にお返しを書き、昼(というか夕方)に長町武家屋敷跡へ一人で繰り出しました。
朝から続いていた雨が晴れた上に、バスで5分ほどという近さ。
でも安心なんかできない。
初めての場所に一人で行くのは就活と一緒だけど、ここは東京じゃないんだから。
迷ったら最後、おっかなびっくり。
バスに乗ろうとしたら客がギッシリ。平日の昼間だからって油断してた。
よく見たら、9割5分が高校生。
あ、もしや全員終点の金沢駅まで行くんだろうか。
途中下車できないかも…(-.-)
でも武家屋敷の最寄りバス停でずいぶん降りました。そばに109があるからね(^〜^;)
 
しかしこんな繁華街に武家屋敷が…?
 
ありました。
大通りも一歩中へ入ると閑静な住宅街。
その一角が武家屋敷として残っています。
石畳に土塀。
時代劇に出てきそうな風景ですが、塀の中は普通の民家。人が住んでいるのです。
すごいねぇ。
こんな所で暮らすのはどんな感じなんだろ。
 
藩士の屋敷跡には入らず、路地をウロウロウロウロ。
入館料高いんだもん。
でも帰宅してガイドブックを見たら無料の屋敷跡もあってガックリ(笑)。
 
何周もしたあとで、109に入りました。
相変わらず新年のバーゲン中ですが私には用のないお店ばかりでした。
新年バーゲンでの総支出は1万円程度。まだまだ余裕。
家に帰る前に何か買お(^ー^)♪
 
2日目帰宅後に会社帰りの父から呼び出された先は、本格的な料亭。就職祝いだそうです。緊張する(××;)
うわっ…一品一品が小さい。
でも、旬の海鮮をメインに、値段に見合った味でした。
 
21時からはのだめ。関東とは番組が大幅に違う金沢でもやってるよ。
のだめを始め音楽系のドラマは俳優たちの嘘臭い演技にイラっとする自分にイラっとするのでまともに見ていませんが、今日くらいはいいかなと。
話のテンポがよくて、見ていて楽しかったです。
演奏場面も俳優じゃなかったので、気にせず見ることができました。

小さい日本人指揮者が飛ぶのはあらかじめCMで見て分かっていたけれど、その曲がルスランだったとは。あれには苦しい思い出しかない(Θ_Θ;)
 
途中CMに出てきた、のだめゲーム。楽器の弾き真似をするらしい。
部室にあるテレビゲームではことごとく惨敗している私でも、これならできるんじゃ。
つーかできる。
 
明日・明後日は父が休み。
名所案内してもらお(^▽^)

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

北陸に上陸:1日目

080103_13160001新年3日目。

お節料理最終日。

 

父が4日の仕事始めのために金沢へ帰るので、それに一人でくっついて行くことにしました。

出発1時間半前にようやく準備を始めるという大胆な行動。

ホテルに泊まる普通の旅行とは違うから、この辺はテキトーでいいんです。

向こうの家には母&妹の服や洗顔料、化粧水まで揃ってるらしいから。

 

もはや冬の恒例となりつつある一人旅for父単身赴任先。

母&妹は夏休みに父のもとへ行くことが多いのですが、私は部活などでいつも予定が合いません。そこで、冬休みに一人で行くことが自然と多くなるのです。

まぁ一人といっても行き先は父の家だし、土日は案内してもらうし、今回は一緒に行くし。

 

080103_15030001まずは大宮→越後湯沢を新幹線で。

越後湯沢は高校の卒業旅行先でした。

ここで今季の初雪を見る。

そこからほくほく線に乗り換えて金沢駅へ。

両路線とも本を読んだり爆睡したりしてました。

 

大宮を14時頃に出たので、金沢に着いたのは17時過ぎ。

あれ、あんまり寒くない。

空気は冷たいけど、東京と劇的に差がある感じはしないなぁ。

 

 

080103_18440001到着早々お寿司を食べました。

おいしーい(^□^)

駅前にあるでっかいお店の中だったのですが、パンフレットを見たら昨日・一昨日バーゲンに行ったショッピングモールと同じ系列でした。

だから店舗も見知ったものばっかり。

今は日本全国どこにでもあるんだなぁ。

 

今日のコレだけでお寿司を終わらせるつもりはないぞと誓いつつ、駅からバス&徒歩で家到着。

 

デカい!!!!

話には聞いてたけど、ホントに玄関ホールで4人寝られる!!

しかも築10年の積○ハウスなので、きれいだし造りもしっかりしてる。

いいじゃん!

つーかあまりの広さに唖然。

管弦の合宿ができる。

マジで。

そこに一人暮らしの父。

寂しいわけだ。

 

金沢駅は近いし観光名所も色々あるしお刺身はおいしいし、ココに引っ越したいよ(笑)。

そうだ、配属先を金沢支店にしてもらおう(無理)。

 

 

初日は移動だけで終わりました。

明日は父が仕事なので、家事…かな。

あとは駅前のショッピングモールに出かけてバーゲンに参戦する予定。

金沢までなにしに来たんだ(笑)。

兼六園とか寺に行っちゃおうか。

家からバス停まで迷わなければ(道がかなり複雑なのです)。

それじゃあおやすみなさーい(^-^)ノ~~

| | コメント (0)

2008年1月 2日 (水)

グレーゾーン

080102_14500001二日目も昼はマックでした(笑)。

 

年賀状、今年は見事にゼロ。

去年・一昨年と喪中だったので、出す習慣がすっかり薄れました。

でも何気なく郵便局のHPを見てたら、激かわいい無料素材があるっ!

しまったなぁ(´`)名古屋の2人に出すんだった。

でも今日年賀状を出すのはさすがに失礼だな。

もともとは1月2日に書き初めとして年賀状を書くのが正式な習慣らしいのですが、今や年賀状は1月1日に着くもの。

それが定着している日本において、書いていなかった人への「返事」として出すならまだしも今日新規に送るのはどうだろうか。

相手も気を遣うし、彼女たちにそんなことをしてもらいたくない。

だから手紙を書くことにしました。

こんなことするの何年振りだろ、ワクワクするなぁ。

 

 

今日も朝はお節。

昨日に引き続きバーゲンへ。

一時は単独参戦かと思われましたが、結局家族4人でショッピングモールに居ました。

昨日とは違うところだけど、入ってるお店は大体同じ。

昨日服を買ったお店で一目惚れしたものを買ってしまいました。

そしてついにコートを購入!

これしかないと思ったものではなく、ここまできたら仕方ないと思って買いました。

苦節1ヶ月半、これだけ検討したけどないのなら着られるものでいいや、って勢いです。

ほぼ半額だったし。

決め手は値段だったかも…。

 

昼のマックを食べ、すぐに2家族合同新年会in祖母宅。

去年は頭痛で狂いそうになりながら乗り切ったこの会。

今年は大丈夫でした。

お刺身いっぱい食べました。

 

合同の相方は父方の伯父一家なのですが、彼らはキャラが強烈です。甘々です。詳しくは書きませんが。

最近頻繁に会うようになったのですが、毎回「あぁ、こういう人たちだった…」と感じます。

そこでいつも思うのは、母方の伯父一家とは相性が悪いだろうな、ということ。

そもそも顔を合わせる機会がないと思うので、両家が断絶しているのか関わっているのかは知りません。

ただ、性格が違いすぎるのです。

母方の伯父一家が辛々(?)というわけではなく。

家族の仲が良いのは同じですが、子どもの教育方針及びその結果に天と地ほどの差があります。

両親はどちらも家を継がないので、真ん中。

極端な両家のド真ん中に位置する我が家は、楽なようで面倒でもあります。

いわゆるどっちつかず。

両家は性格が反対だけど、そこ周辺から1名ずつ来てるわけだからね。

我が家の(というより私の)性格は、母方になりたい父方という気がします。

 

人間にも様々な性格があるように、その集合体である家族にも特徴的な性格があるんだなぁと思いました。

 

 

ちなみに、初夢は歯ぎしりにより永久歯が抜けてしまったものでした。

感覚が超リアルで、起きたあともしばらく本当に抜けたと思ってました。

高校のTubaの同期(男)も出てきました。

全然おめでたくないι(´Д`)

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

年が明けて、歳を感じる

080101_09160001明けましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。

こんな長文駄文を読んでくれる方がいて、とても嬉しいです。

今年もよろしくお願いいたします。

4月には社会人になるので今のようにほぼ毎日更新とはいかなくなりますが、3月まではこのペースを保ちます。

移転もします。きっと。

 

 

新しい年になったという実感はありませんが、NHKのゆく年くる年で「平成20年の始まり」と聞いたときには耳を疑いました。

も、もう20年ですか…(゜v゜;)

年取ったなぁ。

もっとも、生まれてから二十歳頃までって身体面でも環境的にも変化が激しい時期だから、振り返ってみると相当昔のように感じるのかな。

最近になって、親も年を取ったなぁと思うようになりました。

友達に写真を見せると大方「かわいい」と言われる両親で、私自身も変わらないなぁと思っていたのですが、そうでもない様子。

確かに中年太りや禿頭とは無縁の、若々しい2人だけど。

大人はじわじわと変化をするみたいだ。

 

これから先の20年は、これまでのような激動の時代ではなく、緩やかな変化の中を生きていくんだろうか。

それとも、ここからが人生本番なんだろうか。

どちらにしろ、20年後は42歳。

うへぇ。

想像できん。

 

お正月なので、今朝は恒例のお節料理。

母の作るお雑煮が好きです。

近年ではお節を食べない家庭も多いようですね。

先日母が、現代日本の家庭の食生活を暴いている本を図書館から借りてきていました。

その本はひたすらインタビュー調査の羅列をしているだけで、私から見ても論文失格のような(論文じゃないからいいんだろうけど、読んでいても主張がまるで分からない)内容でしたが、正月の悲惨な朝食の実態が写真とともに載せられていました。

家族がばらばらに起きてパンを焼いて食べただけ、とか、惣菜のお節料理を出しておいたけど家族がそれに気付かず冷蔵庫から適当に食べ物を食べて終わった、とか。

我が家の食事はかなりきちんとしている方だと自覚はしていましたが、こんなにもすごい家庭があるとは、と感じました。

それがいけないと言う訳ではないし、伝統を守るべきだと言うつもりもありません。

カルチャーショックと言うんだろうか。

朝食を食べない小学生の割合が多いとか、飲み物だけ、とか、栄養バランスもへったくれもないビックリするようなメニューとか、本で読んだことがあります。

それを読んだ時と同じで、本当にこういう家庭があるのか?という驚きや疑問が強いです。

フィクションみたい。

そういう我が家も、元旦(つまり1日の朝)を過ぎるとジャンキーになる傾向があります。

お節料理に飽きるからでしょうか。

小学生の頃は年に1度、カップラーメンが食べられる期間でした。

そして今年は早くも元日の昼食に…。

 

080101_13170001母と2人でマックでした(笑)。

ベーコンレタスバーガーが大好きです。

マックは1年と3日ぶり。

多分。

 

私は、我が家と両祖父母の食卓しか知りません。

まだまだ狭い世界で生きてるんだなぁ。

 

新年早々日本の食卓について熱く語ってしまいました。

相変わらず長いな。

 

 

080101_13080001お正月らしいことはここまで。

去年と違い初詣には行きませんでした。

父&妹+祖母は行ったらしいのですが、私&母はお昼前からパルコとショッピングモールへ。

もちろんセール目当て。

コートと靴が欲しかったのですが、結局両方とも買わず仕舞い。

靴はすごくいいものがあったのですが、値段が一桁間違ってる模様。

ナンダあれ。

コートは…ないねぇ(;へ;)

でもお正月セールを狙っていた(けど値下げするとは思わなかった)服は買えたのでよしとしよう。

私とは裏腹に、母は大量の品々をゲットしていました。

いいなぁ。

明日も行こう。

 

お正月らしくないけど、現代のお正月らしい1日でした。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »