« 居心地のいい場所 | トップページ | 4年感 »

2008年3月20日 (木)

桜が咲くために必要な寒さ

751128201_9018時から、学科仲間6人で飲み会at池袋のお好み焼き屋さん。

 

以下ハイライト。

 

柚子はちみつサワーは薄くて残念。

緑茶梅酒は檜のかほり。

鉄板で温めるシーザーサラダはマッ○のベーコンレタスバーガー。

チーズフォンデュって熱い。

本日二度目の焼きそばに、オヤジと言われた冷や奴。

 

皆意外とYouTube通。

卒業旅行のお土産話。

社会人って?

化粧のエトセトラ。

6人中4人はデジカメ持参で撮影会。

 

 

よく食べてよく飲んだ。

4時間、一瞬も沈黙ナシで喋った。

2杯目に行けるようになったのも束の間、最近は半分も空けない日か続いてたんだけど、今日は飲んだなぁ。

あ、でも1杯ね。

 

1年次の初っ端、入学式当日のワンゲルの勧誘ブースや、語学や基礎ゼミで知り合ったメンバー。

 

圧倒的行動派のN

テレビっ子お母さんのY

回らない中野○加里のA

笑い上戸で叩き上戸のM

何気に一生懸命が素敵なU

 

性格もやりたいこともてんでバラバラで、当然真似なんてできない。

だからこそ尊敬できる。

大学生活の半分を占める学業+αを、私はこの友達と一緒に過ごしてきたんだな、と改めて実感。

 

学業=授業、レポート・試験、ゼミ選抜、社会調査士、卒論。

 

+α=19歳の誕生日にファンデーション、社会調査方法論基礎のイケメンH先生、スキー旅行、無性にムカつくS先生、掲示板情報の伝達、数々の飲み会、休講、2年間続いた学食火曜日指定席。

 

もちろん卒論はゼミ友達の方が良くアドバイスをもらったし、人文の友達や一人で受けだ授業だってある。

行事参加や脳内の優先順位は、役職に就いていた分管弦の方が高かったことは否めない。

それでも。

居る時間が短くても、大事で大好きな5人です。

段々踏み込んでいけるようになった。

おかしいな。

最初は浸からないって思ってたんだけど。

 

上下のない真っ平らな中で自分の特性を知り、また色々な面で変わったことを一番実感したのもここなのかな。

 

次の飲み会は5月だね。

こういう時だいたい私は建前だけど、今回は本気でそう思いました。

 

卒業旅行は私が連れて行くからね。

 

今日の寒さは、桜の開花に必要なもの。

|

« 居心地のいい場所 | トップページ | 4年感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居心地のいい場所 | トップページ | 4年感 »