卒団生演奏会

2008年2月24日 (日)

疾走の日曜日

家が壊れそうな音で目が覚めました。

冗談ではなく。

昨日より風強いじゃん!!

当然武蔵野線は運休。

本番なのに大学に行けない疑惑が浮上。

が、日頃の行いが良いせいか、運転見合わせの合間を縫って走ったらしい電車に乗れました。

 

「本番より準備が楽しい」

この言葉を聞いた中学2年生の夏からたびたびそれを実感していたけれど、今回は全く違っていた。

やっと楽しいと思えたのは、本番当日の準備だった。

そんな直前だって、そう思えたのは幸運なことなんだろう。

 

3号館から椅子を運んだ時点でやりきった感がしました。

4年生企画の練習をしてる時に、今日はいけそうな気がしました。

気分として。

昨日とはバイオリズムが雲泥の差。

 

私のわがままでHちゃんとやらせてもらった、トロンボーンとコントラバスのためのデュエット。

最後に一緒にあの曲ができて、私は幸せでした。

ありがとう。

 

 

反省点は2点。

まず、第九のチューニングが管と40ヘルツくらい違ったこと。

管と弦は気温の変化による音程の上下が逆。

楽器を放置する卒演ではそれによる失敗が多いからわざわざ陰チューニングしたのに、それが裏目に出たー。

ぎゃおん。

あまりの事態に曲を弾きながら直してたんだけど(絶対ルール違反だよね(笑))、何しろ出ずっぱりなので追いつきませんでした。

短い開放原音がやたら出てくるから質が悪い。

そんなことをやってるから、演奏はガタガタ。

特に開放弦は消えたかった。

開放弦からやや開放される、後半の、一番の心配だった速いパッセージは消えずに乗り切ったけど、悶えるような音だった気がする。

うあーーー悔しい!!

そして申し訳ない。

皆に倣ってレセプションで懺悔すればよかったね(Θ_Θ)

もう1点は、卒団生挨拶で肝心な事柄を言わなかったこと。

ああーー。

 

でも、アンサンブルもブラ2もストンプも第九も、全力でやりきりました。

悔しい点はあるけど、あれが私の・私たちの精一杯だと思っています。

これだけ失敗したのに後悔してないのは、100パーセントだったから。

そう思います。

 

レセプションで、早くも色紙をもらいました(うちの楽団は例年卒業式の日にプレゼントするのです)。

メッセージが書いてあるテディベアも。

両方ともコントラバスパートからのプレゼントですが、ジワッと来ました。

まさかミックさん(OB)まで書いてくれているとは。

なんて良いパートなんだ(T△T)

他パートの先輩・後輩からもプレゼントをもらいましたが、そのたびにジワジワしてました。

この場を借りて、ありがとうございます。

 

 

4年間を振り返ってみて、本当に全力疾走だったなぁと思いました。
10年も続けた吹奏楽とテューバを捨てて、全部ゼロからのスタートで、副団長やインスペクターをやらせてもらって、脇目も振らずに走った気がします。

そんな風に走ることができたのは、周りで支えてくれていた皆さんがいたからです。

一人だったら、無理でした。

本当にありがとうございました。

 

今回の卒団生演奏会は大変なことも多かった。

でも、この学年らしい、オリジナリティのある演奏会にできたと思います。

私の大学オーケストラ人生にピリオドが打たれた日でした。

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

動悸の土曜日

724584796_249武蔵浦和の乗り換えを30秒で成し遂げました。
猛ダッシュダッシュ(走り出す様)
やればできるんだ…。


今日はちょっとすごかった。
大学に着いてしばらくは問題なかったのに、編集広報の彼女を探しに行ったら春の嵐台風

まさか砂埃で視界が茶色になるなんて。
ティンパニ箱が、バスドラが、そしてこの私が風に持って行かれるなんて。
目から砂と涙が出ちゃう涙

今日はこれに尽きると思う。
これぞ年表モノだねたらーっ(汗)



もう少し穏やかに最後を迎えると思ってたし、迎えたかった。
現実との落差が自分の中でショックだったんだと思う。
大丈夫、寝れば忘れることができる。

と、春一番と共に私の中にも嵐が到来雷
でも、親子丼と数々のメールでもう晴れました。
早いな。
私はどこまでも私だ。



他の誰でもない、自分たちの卒演。
考えなくてはならないことはまだある。
でも、今一緒にいられる人たちとの最後の音楽を作り上げたい。
一生でただこの一点だけの演奏会を成功させたい。
明後日からは、本当にバラバラなんだから。

今はそれだけです。

| | コメント (0)

2008年2月22日 (金)

掛け持ち、の金曜日

080222_20380001_2なんだか最近電車の遅延が多いなぁ。

今日は情報で先回りしたつもりが惑わされて、40分も遅刻してしまった。

 

ストンプと第九の通しをやったけど、結局継ぎ接ぎだらけでまだ不安。

第九は速すぎてついていけない。

さすがベートーベン。

弾けないものを弾かせにかかる。

最後に自分の限界を見せつけることになりそうです。

本当にギリギリだから、そのテンポまで落とせるor落としてくれるか分かりません。

 

 

本当は今日も19時からN響なんだけど、そんなことやってられない。

仮病で2度目のサボタージュ。

エキストラならまだしも、正団員の掛け持ちは難しいなぁ。

 

9月から金曜日は掛け持ちの日だった。

それも今日が最後。

来週からはNの方に全力を傾けます。

 

だからこそ。

やりたかった気持ちは今も消えないけど、今ある曲をベストな状態にしたい。

やって後悔したほうが良い、というのは周りに迷惑がかからない場合の話。

周りに迷惑をかけてまで自分を通すのは自己中であり子どもの我が儘でしかない。

疲れるなぁ。

毎日使えるとこまで力を使ってる感じだ。

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

イレギュラーなレギュラー

最後の木曜日。

定期練習日だけど、4年生だけで、一緒に卒演三昧。

 

ストンプの木管ソロを初合わせして、全体で通して、第九やって、アンサンブルで楽しさが出てきて、買い出しに行った。

卒演の買い出しに行ったついでに、Hちゃんオススメのおせんべい「だしがうまい!手塩屋」を買ってみた。

あら。

味が薄めですね。。。

Hちゃんもちょっと首をかしげる(笑)。

 

帰り、池袋で見た教習所のポスターを持ち帰りたくなる。

あれは反則じゃ。

写真に撮ってたら、Hちゃん&Cマンが逃げた(笑)。

 

帰りに最中クリームをおごってもらったら、前評判より意外とおいしかった。

三つ葉のクローバーだね。

 

 

長い一生からすれば、今日はほんの一瞬であり、死ぬときの私は忘れているのかもしれない。

でも、今の私にとってはこれが全てで、過ぎてほしくない・忘れたくない日々。

 

約一ヵ月後には、全員違う場所で、全員違うことをやっている。

でも、今だけは一緒にいる。

 

今日は満月。

月の光は、青白くて冷たい。

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

お誘い

卒業を目前に控え、ご飯のお誘いが多くなりました。

今日は3件も舞い込んだ。

タイミングが一緒で驚いた。

 

4年会はナシ。

でも木管ストンプを合わせる必要があったので、9時集合。

 

 

…できるわけがなかった(笑)。

笑い事じゃないんだけどー。

| | コメント (0)